近畿大学応用元素化学研究室

論文・学会発表

学術論文

2022

  1. Lewis Base Adducts of Phosphinne-Stabilized Pb(II) Cations: Synthesis and Catalytic Hydroamination of Alkynes”, A. Chandran, J. M. L. Baeza, V. Timofeeva, R. Nougué, S. Takahashi, R. Ohno, A. Baceiredo, R. S. R. Guerrero, M. Syroeshkin, T. Matsuo, N. Saffon-Merceron, T. Kato, Inorg. Chem. 61, 16156–16162 (2022).
  2. Formation and Reactions of Ge=O Double-Bonded Species Bearing EMindGroups”, A. Kuroda, N. Fujita, T. Horita, K. Ota, A. Rosas-Sánchez, M. Hoshino,D. Hashizume, T. Matsuo, Chem. Lett. 51, 828–831 (2022) (Cover Picture).

2021

  1. A Series of Room-Temperature Thermally Stable Bromostannylenes Bearing the Bulky Rind Group: Synthesis, Characterization, and Crystal Structures”, Y. Numata, Y. Nishikawa, K. Inoue, H. Ohnishi, S. Konaka, T. Tanikawa, D. Hashizume, T. Matsuo, Organometallics 40, 1956–1965 (2021).
  2. Synthesis and Characterization of a Series of Diarylgermylenes and Dihalodigermenes Having Fused-Ring Bulky “Rind” Groups”, R. Ohno, Y. Numata, S. Konaka, S. Yagura, A. Kuroda, M. Harada, N. Fujita, N. Hayakawa, H. Nakai, A. Rosas-Sánchez,, D. Hashizume, T. Matsuo, Bull. Chem. Soc. Jpn. 94, 1931–1939 (2021).

2020

  1. Products of [2+2] Cycloaddition between a W≡Si Triple-bonded Complex and Alkynes: Isolation, Structure, and Non-classical Bonding Interaction”, T. Yoshimoto, H. Hashimoto, R. Mausumi, N. Hayakawa, T. Matsuo, J. Chakrabarti, H. Tobita, Chem. Lett. 49, 311–314 (2020).
  2. Comparison of the Chemical Bonding in (Eind)2Ge=E (E = O and S): Synthesis and Characterization of Germanethione Bearing Bulky Eind Groups”, N. Fujita, L. Li, N. Lentz. S. Konaka, A. Kuroda, R. Ohno, N. Hayakawa, K. Tamao, D. Madec, T. Kato, A. Rosas-Sánchez, D. Hashizume, T. Matsuo, Chem. Lett. 49, 141–144 (2020).

2019

  1. Reaction of Dialumane Incorporating Bulky Eind Groups with Pyridines,. Murosaki, R. Ohno, T. Agou, D. Hashizume, T. Matsuo, Inorganics 7, 129/1–129/13 (2019).
  2. Synthesis and Thermal Reactions of a Spiro-type Cyclotrisilene Obtained from the Reaction between a Disilenide and a Base Adduct of a Bromosilylene”, T. Kosai, S. Nishimura, N. Hayakawa, T. Matsuo, T. Iwamoto, Chem. Lett. 48, 1168–1170 (2019).
  3. Reactions of a Silylyne Complex with Aldehydes: Foramtion of W–Si–O–C Four-Membered Metallacycles and Their Merathesis-Like Fragmentation”, T. Yoshimoto, H. Hashimoto, N. Takagi, S. Sakaki, N. Hayakawa, T. Matsuo, H. Tobita, Chem. Eur. J. 25, 3795-3798 (2019).

2018

  1. Synthesis and Characterization of N-Heterocyclic-Carbene-Coordinated Silicon Compounds Bearing a Fused-Ring Bulky Eind Group”, N. Hayakawa, K. Sadamori, S. Mizutani, T. Agou, T. Sugahara, T. Sasamori, N. Tokitoh, D. Hahsizume, T. Matsuo, Inorganics 6, 30/1-30/11 (2018).
  2. A stable free tetragermacyclobutadiene incorporating fused-ring bulky EMind groups”, K. Suzuki, Y. Numata, N. Fujita, N. Hayakawa, T. Tanikawa, D. Hashizume, K. Tamao, H. Fueno, K. Tanaka, T. Matsuo, Chem. Commun. 54, 2200–2203 (2018).
  3. 1,2-Dihalodigermenes bearing bulky Eind groups: synthesis, characterization, and conversion to halogermylenoids”, N. Hayakawa, T. Sugahara, Y. Numata, H. Kawaai, K. Yamatani, S. Nishimura, S. Goda, Y. Suzuki, T. Tanikawa, H. Nakai, D. Hashizume, T. Sasamori, N. Tokitoh, T. Matsuo, Dalton Trans. 47, 814–822 (2018).
  4. π-Electron Systems Containing Si=Si Double Bonds”, T. Matsuo, N. Hayakawa, Science and Technology of Advanced Materials (STAM) 19, 108–129 (2018).

2017

  1. π-Conjugation between a Si=Si Double Bond and Thiophene Rings: Synthesis, Structural Characteristics, and Photophysical Properties of 1,2-Bis(thiophen-2-yl)-disilene and 1,2-Bis(2,2'-bithiophene-5-yl)disilene”, N. Hayakawa, S. Nishimura, N. Kazusa, N. Shintani, T. Nakahodo, H. Fujihara, M. Hoshino, D. Hashizume, T. Matsuo, Organometallics 36, 3226–3233 (2017).
  2. Cleavage of a P=P Double Bond Mediated by N-Heterocyclic Carbenes”, N. Hayakawa, K. Sadamori, S. Tsujimoto, M. Hatanaka, T. Wakabayahsi, T. Matsuo, Angew. Chem. Int. Ed. 56, 5765–5769 (2017).
  3. Thermally Stable Monosubstituted Thiophene 1-Oxide and 1-Imides Stabilized by a Bulky Rind Group at Their 3-Position: Synthesis, Structure and Inversion Barriers on the Sulfur Atom”, T. Otani, M. Miyoshi, T. Shibata, T. Matsuo, D. Hashizume, K. Tamao, Bull. Chem. Soc. Jpn. 90, 697–705 (2017) (Selected Papers).

2016

  1. A Square Planar Complex of Platinum(0)”, K. Takeuchi, H. Taguchi, I. Tanigawa, S. Tsujimoto, T. Matsuo, H. Tanaka, K. Yoshizawa, F. Ozawa, Angew. Chem. Int. Ed. 55, 15347–15350 (2016).
  2. A Silylyne Tungsten Complex Having an Eind Group on Silicon: Its Dimer-Monomer Equilibrium and Cycloaddition Reactions with Carbodiimide and Diaryl Ketones”, T. Yoshimoto, H. Hashimoto, N. Hayakawa, T. Matsuo, H. Tobita, Organometallics 35, 3444–3447 (2016).
  3. Synthesis and Structural Characteristics of Discrete Organoboron and Organoaluminum Hydrides Incorporating Bulky Eind Groups”, T. Murosaki, S. Kaneda, R. Maruhashi, K. Sadamori, Y. Shoji, K. Tamao, D. Hashizume, N. Hayakawa, T. Matsuo, Organometallics 35, 3397–3405 (2016).
  4. Activation of Dihydrogen by Masked Doubly Bonded Aluminum Species”, K. Nagata, T. Murosaki, T. Agou, T. Sasamori, T. Matsuo, N. Tokitoh, Angew. Chem. Int. Ed. 55, 12877–12880 (2016) (VIP, Inside Cover Picture)
  5. Synthesis and Structural Characterization of Lithium and Titanium Complexes Bearing a Bulky Aryloxide Ligand Based on a Rigid Fused-Ring s-Hydrindacene Skeleton”, S. Kanazawa, T. Ohira, S. Goda, N. Hayakawa, T. Tanikawa, D.  Hashizume, Y. Ishida, H. Kawaguchi, T. Matsuo, Inorg. Chem. 55, 6643–6652 (2016).
  6. Unsymmetircal PNP-Pincer Type Phosphaalkene Ligands Protected by a Fused- Ring Bulky Eind Group: Synthesis and Applications to Rh(I) and Ir(I) Complexes”, H. Taguchi, D. Sasaki, K. Takeuchi, S. Tsujimoto, T. Matsuo, H. Tanaka, K. Yoshizawa, F. Ozawa, Organometallics 35, 1526–1533 (2016).
  7. Synthesis and Magnetic Properties of Linear Two-Coordinate Monomeric Diaryliron(II) Complexes Bearing Fused-Ring Bulky “Rind” Groups”, S. Goda, M. Nikai, M. Ito, D. Hashizume, K. Tamao, A. Okazawa, N. Kojima, H. Fueno, K. Tanaka, Y. Kobayashi, T. Matsuo, Chem. Lett. 45, 636–638 (2016).
  8. Synthesis and Structures of Sterically-Congested Diarylsilanes Bearing Two Bulky Rind Groups”, N. Hayakawa, T. Morimoto, A. Takagi, T. Tanikawa, D. Hashizume, T. Matsuo, Chem. Lett. 45, 409­–411 (2016).
  9. (Z)-1,2-Di(1-pyrenyl)disilene: Synthesis, Structure, and Intramolecular Charge- Transfer Emission”, M. Kobayashi, N. Hayakawa, T. Matsuo, B. Li, T. Fukunaga, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 138, 758–761 (2016).

2015

  1. Coplanar Oligo(p-phenylenedisilenylene)s as Si=Si Analogues of Oligo(p-phenylenevinylene)s: Evidence for Extended π-Conjugation through the Carbon and Silicon π-Frameworks”, L. Li, T. Matsuo, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 137, 15026–15035 (2015).
  2. Extremely active -olefin polymerization and copolymerization with ethylene catalyzed by a dMAO-activated zirconium(IV) dichloro complex having an [OSSO]-type ligand”, T. Toda, N. Nakata, T. Matsuo, A. Ishii, RSC Adv. 5, 88826–88831 (2015).
  3. Fused-Ring Bulky "Rind" Groups Producing New Possibilities in Elemento-Organic Chemistry”, T. Matsuo, K. Tamao, Bull. Chem. Soc. Jpn. 88, 1201–1220 (2015) (Inside Cover).

2014

  1. Reactions of Diaryldibrormodisilenes with N-Heterocyclic Carbenes: Formation of Formal Bis-NHC Adducts of Silyliumylidene Cations”, T. Agou, N. Hayakawa, T. Sasamori, T. Matsuo, D. Hashizume, N. Tokitoh, Chem. Eur. J. 20, 9246–9249 (2014).
  2. An Isolable Diborane(4) Compound with Terminal B–H Bonds: Structural Characteristics and Electronic Properties”, Y. Shoji, S. Kaneda, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, D. Hashizume, T. Matsuo, Chem. Lett.43, 1587–1589 (2014)  (Editor’s Choice).
  3. Synthesis and Characterization of Diphosphenes Bearing Fused-Ring Bulky Rind Groups”, B. Li, S. Tsujimoto, Y. Li, H. Tsuji, K. Tamao, D. Hashizume, T. Matsuo, Heteroat. Chem. 25, 612–618 (2014).
  4. A Convenient Route to Synthetic Analogues of the Oxidized Form of High-Potential Iron-Sulfur Proteins”, K. Tanifuji, N. Yamada, T. Tajima, T. Sasamori, N. Tokitoh, T. Matsuo, K. Tamao, Y. Ohki, K. Tatsumi, Inorg. Chem. 53, 4000–4009 (2014).
  5. Highly Coplanar (E)-1,2-Di(1-naphthyl)disilene Involving a Distinct CH–π Interaction with the Perpendicularly Oriented Protecting Eind Group”, M. Kobayashi, N. Hayakawa, K. Nakabayashi, T. Matsuo, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, Chem. Lett. 43, 432–434 (2014).

2013

  1. Controlled Isospecific Polymerization of a-Olefins by Hafnium Complex Incorporating a trans-Cyclooctanediyl-Bridged [OSSO]-Type Bis(phenolate) Ligand”, N. Nakata, T. Toda, T. Matsuo, A. Ishii, Macromolecules 46, 6758–6764 (2013).
  2. Synthesis, Structure, and 1-Hexene Polymerization Catalytic Ability of Group 5 Metal Complexes Incorporating an [OSSO]-Type Ligand”, T. Toda, N. Nakata, T. Matsuo, A. Ishii, ACS Cat. 3, 1764–1767 (2013).
  3. Intramolecular [2+2+2] cycloaddition of bis(propargylphenyl)carbodiimides: synthesis of L-shaped π-extended compounds with pyrrolo[1,2-a][1,8]naphthyridine corner units”, T. Otani, T. Saito, R. Sakamoto, H. Osada, A. Hirahara, N. Kutsumura, T. Matsuo, K. Tamao, Chem. Commun. 49, 6206–6208 (2013).
  4. Reactions of a Niobium Nitride Complex Prepared from Dinitrogen: Synthesis of Imide and Ureate Complexes and Ammonia Formation”, F, Akagi, S. Suzuki, Y. Ishida, T. Hatanaka, T. Matsuo, H. Kawaguchi, Eur. J. Inorg. Chem. 3930–3936 (2013) (Back Cover Picture).

2012

  1. Sterically demanding imidazolinium salts through the activation and cyclization of formamides”, M. Tsimerman, D. Mallik, T. Matsuo, T. Otani, K. Tamao, M. G. Organ, Chem. Commun. 48, 10352–10354 (2012).
  2. A New Binding Motif of Sterically Demanding Thiolates on a Gold Cluster”, J. Nishigaki, R. Tsunoyama, H. Tsunoyama, N. Ichikuni, S. Yamazoe, Y. Negishi, M. Ito, T. Matsuo, K. Tamao, T. Tsukuda, J. Am. Chem. Soc. 134, 14295–14297 (2012).
  3. Germanone as the First Isolated Heavy Ketone with a Terminal Oxygen Atom”, L. Li, T. Fukawa, T. Matsuo. D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, Nat. Chem. 4, 361–365 (2012).
  4. The First observation of electroluminescence from di(2-naphthyl)disilene, an Si=Si double bond-containing π-conjugated compound” K. Tamao, M. Kobayashi, T. Matsuo, S. Furukawa, H. Tsuji, Chem. Commun. 48, 1030–1032 (2012).
  5. Titanium Complexes Supported by an [OSSO]-Type Bis(phenolato) Ligand Based on trans-Cyclooctanedily Platform: Synthesis, Structures, and 1-Hexene Polymerization” N. Nakata, T. Toda, T. Matsuo, A. Ishii, Inorg. Chem. 51, 274–281 (2012).

2011

  1. Room-Temperature Dissociation of 1,2-Dibromodisilenes to Bromosilylenes” K. Suzuki, T. Matsuo, D. Hashizume, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 133, 19710–19713 (2011).
  2. Synthesis and Structures of a Series of Size-Controllable Bulky “Rind-Br” Based on a Rigid Fused-Ring s-Hydrindacene Skeleton” T. Matsuo, K. Suzuki, T. Fukawa, B. Li, M. Ito, Y. Shoji, T. Otani, L. Li, M. Kobayashi, M. Hachiya, Y. Tahara, D. Hashizume, T. Fukunaga, A. Fukazawa, Y. Li, H. Tsuji, K. Tamao, Bull. Chem. Soc. Jpn. 84, 1178–1191 (2011) (BCSJ Award Article).
  3. Boron-Boron s-Bond Formation by Two-Electron Reduction of a H-Bridged Dimer of Monoborane” Y. Shoji, T. Matsuo, D. Hashizume, G. J. Gutmann, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 133, 11058–11061 (2011).
  4. Neutral and Cationic Gold(I) Complexes with π-Conjugated Phosphasilene Ligands” B. Li, T. Matsuo, T. Fukunaga, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, Organometallics 30, 3453–3456 (2011).
  5. Coordination Chemistry and Organic Synthesis Utilizing Cycloalkane-1,2-dithiol” A. Ishii, T. Toda, N. Nakata, T. Matsuo, Phosphorus, Sulfur and Silicon and the Related Elements, 186, 1169–1174 (2011).
  6. Air- and Moisture-Stable p-Monothiobenzoquinones Incorporated in an Octaalkyl-s-hydrindacene Skeleton” M. Hachiya, M. Ito, T. Matsuo, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, Org. Lett. 13, 2666–2669 (2011).
  7. Synthesis and structures of dialkyl zirconium complexes with an [OSSO]-type bis(phenolate) ligand bearing a trans-1,2-cyclooctanediylbis(thio) unit” T. Toda, N. Nakata, T. Matsuo, A. Ishii, J. Organomet. Chem. 696, 1258–1261 (2011).
  8. Synthesis and reactivity of niobium complexes having a tripodal triaryloxide ligand in bidentate, tridentate, and tetradentate coordination modes” F. Akagi, Y. Ishida, T. Matsuo, H. Kawaguchi, Dalton Trans. 40, 2375–2382 (2011).
  9. A Planar Rhombic Charge-Separated Tetrasilacyclobutadiene" K. Suzuki, T. Matsuo, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, Science 331, 1306–1309 (2011).
  10. The Synthesis of Highly Coplanar Oligothiophenes Induced by Bulky Rind Groups" T. Otani, M. Hachiya, D. Hashizume, T. Matsuo, K. Tamao, Chem. Asian J. 6, 350–354 (2011) (Frontispiece).

2010

  1. Air-Stable, Room-Temperature Emissive Disilenes with π-Extended Aromatic Groups" M. Kobayashi, T. Matsuo, T. Fukunaga, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 132, 15162–15163 (2010).
  2. A Stable Doubly Hydrogen-Bridged Butterfly-Shaped Diborane(4) Compound” Y. Shoji, T. Matsuo, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 132, 8258–8260 (2010).
  3. Syntheses and structures of zirconium(IV) complexes supported by 2,6-di-adamantyl-aryloxide ligands and formation of arene-bridged dizirconium complexes with an inverse sandwich structure” T. Watanabe, Y. Ishida, T. Matsuo, H. Kawaguchi, Dalton Trans. 39, 484–491 (2010).
  4. π-Conjugated disilenes stabilized by fused-ring bulky “Rind” groups” T. Matsuo, M. Kobayashi, K. Tamao, Dalton Trans., (Perspective), 39, 9203–9208 (2010).
  5. π-Conjugated phosphasilenes stabilized by fused-ring bulky “Rind” groups” T. Matsuo, B. Li, K. Tamao, C. R. Chemie, 13, 1104–1110 (2010).

2009

  1. Isolated Monomeric and Dimeric Mixed Diorganocuprates Based on the Size-Controllable Bulky "Rind" Ligands” M. Ito, D. Hashizume, T. Fukunaga, T. Matsuo, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 131, 18024–18025 (2009).
  2. Zirconium Complex of an [OSSO]-Type Diphenolate Ligand Bearing trans-1,2-Cyclooctanediylbis(thio) Core: Synthesis, Structure, and Isospecific 1-Hexene Polymerization” A. Ishii, T. Toda, N. Nakata, T. Matsuo, J. Am. Chem. Soc. 131, 13566–13567 (2009) (Cover Picture).
  3. π-Conjugated Phosphasilenes Stabilized by Fused-Ring Bulky Groups” B. Li, T. Matsuo, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, K. Tamao, J. Am. Chem. Soc. 131, 13222–13223 (2009).
  4. DFT Study on N2 Activation by a Hydride-Bridged Diniobium Complex. N≡N Bond Cleavage Accompanied by H2 Evolution” H. Tanaka, Y. Shiota, T. Matsuo, H. Kawaguchi, K. Yoshizawa, Inorg. Chem. 48, 3875–3881 (2009).
  5. Reductive Coupling of Six Carbon Monoxides by a Ditantalum Hydride Complex” T. Watanabe, Y. Ishida, T. Matsuo, H. Kawaguchi, J. Am. Chem. Soc. 131, 3474–3475 (2009).

総説・解説

  1. 「アルミニウム−アルミニウム二重結合化学種の創製」、Organometallic News, 36 (2018)(ハイライト)
  2. 「炭素とケイ素の不思議(14族元素)」、月刊うちゅう、2016年2月号
  3. 「縮環型立体保護基によって安定化された発光性ジシレン化合物」、TCIメール(寄稿論文)
  4. “Air-Stable Emissive Disilenes Protected by Fused-Ring Bulky “Rind” Groups”, TCI MAIL
  5. 「典型元素不飽和結合の化学2012」、松尾 司、Organometallic News, 83–88 (2013)(トピックス)
  6. 「ヘビー級ケトン「ゲルマノン」誕生!! —ケトンにはない反応性が拓く化学反応の新世界」、松尾 司、化学、67, 45–50 (2012)(解説記事)
  7. 「均一系触媒を用いた二酸化炭素からメタンへの変換」、松尾 司、ケミカルエンジニヤリング、57, 202–207 (2012)(解説記事)
  8. 「テトラシラシクロブタジエンの初合成から見えてくる化学的知見 —いかに達成したか、そして何が期待されるか」、松尾 司、鈴木克規、玉尾皓平、化学、66, 36–40 (2011)(解説記事)(表紙)
  9. 「革新的な汎用性立体保護基の導入による新奇な有機元素化合物の構築と機能開発」、玉尾皓平、松尾 司、未来材料、11, 50–56 (2011). (リサーチナビ)
  10. 「縮環型立体保護基によって安定化された高周期典型元素多重結合を含む新規π共役電子系の開発」、松尾 司、玉尾皓平、ファインケミカル、38, 66–84 (2009).

著書

  1. 「Chemical Science of π-Electron Systems」、2015年発行。執筆担当:Part V “Heteroatom-Conjugated π-Electron Systems”, Chapter 23 “π-Conjugated Disilenes and Tetrasilacyclobutadiene”, p 393–402. ISBN 978-4-431-55357-1, DOI 10.1007/978-4-431-55357-1.
  2. 「DOJIN ACADEMIC シリーズ3 有機ケイ素化学」、2013年発行。執筆担当:第3章 多彩な有機ケイ素化合物、第5節 ジシレンとジシリン、p 135–150、松尾 司、関口 章
  3. 「高次π空間の創発と機能開発」、2013年発行。執筆担当:第1章 新しいπ電子系化合物の創製、第10節 π共役系ジシレン化合物の構築と機能開発、p 55–59、松尾 司
  4. 「CSJ Review 12 未来材料を創出するπ電子系の科学」、2013年発行。執筆担当:Part II 研究最前線、第8節 典型元素不飽和結合のπ電子化学、p 98–104、松尾 司、関口 章
  5. 「二酸化炭素の有効利用技術」、㈱サイエンス&テクノロジー、2010年発行。執筆担当:第6章 二酸化炭素のエネルギー化技術、第1節 均一系触媒を用いた二酸化炭素からメタンへの変換技術、 p 255–268、松尾 司

学会発表

2022

  1. 「サイエンスネットワーク2022 第10回院生サミット」、竹内悠貴、近畿大学、2022年10月1日(ポスター発表)P61
  2. 「ケイ素三員環不飽和化合物の合成と性質」、井上龍二・大野稜真・太田圭・川北翼・若林知成・Alfredo Rosas-Sánchez・橋爪大輔・松尾司、第32回基礎有機化学討論会、京都パルスプラザ、2022年9月21日(ポスター発表)2P082
  3. 「ジアリールシリレンの合成研究」、餅原和輝・森本達人・高木陽広・太田圭・橋爪大輔・松尾司、第32回基礎有機化学討論会、京都パルスプラザ、2022年9月21日(ポスター発表)2P100
  4. 「かさの小さなEMind基を有するゲルマニウム-酸素二重結合化学種の生成と反応」、黒田愛莉・藤田直子・堀田朋美・太田圭・Alfredo Rosas- Sánchez・星野学・橋爪大輔・松尾司、第68回有機金属化学討論会、オンライン、2021年9月6日(ポスター発表)PB-34
  5. 「Aryl Cyclotrisilenylium Ion」、Kei Ota, Ryoma Ohno, Tsukasa Matsuo、International Main Group Element Chemistry Seminar 2022 (IMECS-2022) 筑波大学、2022年9月3日(ポスター発表)P-33
  6. 「N-Heterocyclic Carbene-Coordinated Tin Compounds」、Shotaro Ikoma, Kei Ota, and Tsukasa Matsuo、International Main Group Element Chemistry Seminar 2022 (IMECS-2022) 筑波大学、2022年9月3日(ポスター発表)P-32
  7. 「ケイ素三員環化合物の合成と反応」、井上 龍二、総合理工マスターズ2022、近畿大学、2022年5月21日(ポスター発表)1-55
  8. 「かさ高いRind基を有する酸素系配位子の開発と錯形成能」、小泉 風音、総合理工マスターズ2022、近畿大学、2022年5月21日(ポスター発表)1-48
  9. 「かさ高いRind基を有するシレンの合成研究」、川北 翼、総合理工マスターズ2022、近畿大学、2022年5月21日(ポスター発表)1-20
  10. 「テトラスタンナシクロブタジエンおよびヘキサスタンナプリズマンの合成と構造」、生馬翔太郎・西川湧理・沼田泰幸・太田圭・橋爪大輔・松尾司、ナノ学会第20回大会、オンライン、2022年5月21日(ポスター発表)P3-15
  11. 「ケイ素三員環不飽和化合物の合成と性質」、井上龍二・大野稜真・川北翼・太田圭・若林知成・Alfredo Rosas-Sánchez・橋爪大輔・松尾司、ナノ学会第20回大会、オンライン、2022年5月21日(ポスター発表)P4-06
  12. 「かさ高いアリールチオラート配位子を有する鉄錯体および鉄-硫黄クラスターの合成と構造」、松倉瞭・管野公平・羽村将宏・太田圭・橋爪大輔・松尾司、ナノ学会第20回大会、オンライン、2022年5月21日(ポスター発表)P4-10
  13. 「かさ高いRind基を有する酸素系配位子の開発と錯形成能」、小泉風音・吉田枝実花・中井大央・松尾司、日本化学会第102春季年会、オンライン、2022年3月24日(ポスター発表)講演番号P1-2vn-45
  14. 「かさ高いRind基を有するハロスタンニレンの反応性」、西川湧理・沼田泰幸・生馬翔太郎・川上世凪・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第102春季年会、オンライン、2022年3月24日(ポスター発表)講演番号P2-2vn-19
  15. 「かさ高いRind基を有するハロテトレンの合成研究」、川北翼・山田康平・後藤謙太・井上甲南・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第102春季年会、オンライン、2022年3月24日(ポスター発表)講演番号P2-2vn-04
  16. 「かさ高いRind基を有するジアリールシリレンの合成研究」、餅原和輝・森本達人・高木陽広・松尾司、日本化学会第102春季年会、オンライン、2022年3月24日(ポスター発表)講演番号P2-2vn-03
  17. 「かさ高いRind基を有するリン不飽和化合物の合成と構造」、鈴木健央・大林智洋・小屋晧雄・伊藤貫汰・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第102春季年会、オンライン、2022年3月23日(ポスター発表)講演番号P2-1am-13

2021

  1. 「かさ高いRind基を有するシレンの合成研究」川北翼・山田康平・松尾司、第48回有機典型元素化学討論会、岐阜大学(オンライン)、2021年12月1日(ポスター発表)OB-25
  2. 「かさ高いRind基を有するホウ素化合物の合成と反応性」、鈴木健央・橋爪大輔・松尾司、第31回基礎有機化学討論会、オンライン、2021年9月22日(ポスター発表)2P008
  3. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するアルミニウム水素化物の合成と構造」、中井大央・渡内稔季・室崎貴大・松尾司、錯体化学会第71回討論会、オンライン、2021年9月16日(ポスター発表)PD2-03
  4. 「かさ高いRind基を有するアルコキシド配位子の開発と錯形成能」、小泉風音・吉田枝実花・中井大央・松尾司、錯体化学会第71回討論会、オンライン、2021年9月16日(ポスター発表)PD2-06
  5. 「かさ高いRind基を有するジアリールゲルミレンおよびジハロジゲルメン」、黒田愛莉・大野稜真・沼田泰幸・小中重明・矢倉将吾・原田真生・藤田直子・早川直輝・中井英隆・Alfredo Rosas-Sanchez・橋爪大輔・松尾司、第67回有機金属化学討論会、オンライン、2021年9月7日(ポスター発表)PA37
  6. 「かさ高いRind基を有するブロモスタンニレン」、西川湧理・沼田泰幸・井上甲南・大西宏明・小中重明・谷川智春・橋爪大輔・松尾司、第67回有機金属化学討論会、オンライン、2021年9月7日(ポスター発表)PB37
  7. 「Synthesis and Reaction of Bromocyclotrisilene」、Tsukasa Matsuo, Ryoma Ohno, Daisuke Hashizume、The 19th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS-2021)、オンライン(フランストゥールーズ)、2021年7月6日(ポスター発表)P204
  8. 「Eind 基を有するクロムシリリン錯体と共役ジエンおよびα,β-不飽和ケトンとの反応」、松岡正紘・長田浩一・大野稜真・松尾司・飛田博実・橋本久子、日本化学会第 101 春季年会、オンライン、2021 年 3 月 19 日(口頭発表)A12-1pm-1
  9. 「ケイ素核置換フェニルアニオンの合成研究」、辻紳吾・水畑吉行・松尾司・時任宣博、日本化学会第 101 春季年会、オンライン、2021 年 3 月 19 日(口頭発表)A14-1pm-10

2020

  1. 「かさ高い Rind 基を有するホウ素化合物の合成と反応性」、鈴木健央・橋爪大輔・松尾司、第 47 回有機典型元素化学討論会、群馬大学(オンライン)、2020 年 12 月 4 日(ポスター発表)P-11
  2. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するアルミニウムヒドリド錯体の合成と構造」、中井大央・渡内稔季・室﨑貴大・松尾司、第 47 回有機典型元素化学討論会、群馬大学(オンライン)、2020 年 12 月 4 日(ポスター発表)P-18
  3. 「テトラゲルマシクロブタジエンの合成と反応性」、黒田愛莉・沼田泰幸・橋爪大輔・松尾司、第 47 回有機典型元素化学討論会、群馬大学(オンライン)、2020 年 12 月 4 日(ポスター発表)P-27
  4. 「π共役系ジテトレン化合物の合成と電子物性」、矢倉将吾・大野稜真・橋爪大輔・松尾司、第 47 回有機典型元素化学討論会、群馬大学(オンライン)、2020 年 12 月 4 日(ポスター発表)P-28
  5. 「テトラスタンナシクロブタジエンの合成と反応性」、西川湧理・沼田泰幸・橋爪大輔・松尾司、第 47 回有機典型元素化学討論会、群馬大学(オンライン)、2020 年 12 月 4 日(ポスター発表)P-30
  6. 「かさ高い Rind 基を有するリン不飽和化合物の合成と反応性」、大林智洋・貞森和也・辻本祥太・松尾司、第 47 回有機典型元素化学討論会、群馬大学(オンライン)、2020 年 12 月 3 日(口頭発表)O-11
  7. 「チオフェン置換ジテトレン化合物の合成と電子物性」、矢倉将吾・大野稜真・橋爪大輔・松尾司、第 24 回ケイ素化学協会シンポジウム、オンライン、2020 年 11 月 6 日(口頭発表)6A
  8. 「かさ高い Rind 基を有するアルケン誘導体の合成と光物性」、大野真世・管野公平・山田康平・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 24 日(ポスター発表)講演番号 3PA–045
  9. 「かさ高い Rind 基を有する 13 族元素化合物の合成と光物性」、鈴木健央・貞森和也・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 23 日(ポスター発表)講演番号 2PB–052
  10. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するアルミニウムヒドリド錯体の合成と構造」、中井大央・渡内稔季・室﨑貴大・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 22 日(ポスター発表)講演番号 1PA–105
  11. 「かさ高い Rind 基を有するハロヒドロシランの合成と反応性」、鈴木実生也・大野稜真・早川直輝・貞森和也・吉村誠慶・畑中美穂・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 22 日(ポスター発表)講演番号 1PA–135
  12. 「ブロモ置換シクロトリシレンの合成と反応性」、大野稜真・Rosas-SánchezAlfredo・橋爪大輔・畑中美穂・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 22 日(ポスター発表)講演番号 1PA–136
  13. 「非対称置換ジシレン化合物の合成」、矢倉将吾・大野稜真・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 22 日(口頭発表)講演番号 1H2–31
  14. 「テトラゲルマシクロブタジエンの合成と反応性」、黒田愛莉・沼田泰幸・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 22 日(口頭発表)講演番号 1H2–48
  15. 「テトラスタンナシクロブタジエンの合成と反応性」、西川湧理・沼田泰幸・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第 100 春季年会、東京理科大学(中止)、2020 年 3 月 22 日(口頭発表)講演番号 1H2–49

2019

  1. 「かさ高い Rind 基を有する 13 族元素化合物の合成と反応性」、鈴木健央・室﨑貴大・金田将平・貞森和也・北端拓也・吾郷友宏・橋爪大輔・松尾司、第 46 回有機典型元素化学討論会、松山大学、2019 年 12 月 6 日(ポスター発表)P-59
  2. 「安定なジアルキニルボランの合成と性質」、河野黎・吾郷友宏・福元博基・久保田俊夫・鈴木健央・松尾司、第 46 回有機典型元素化学討論会、松山大学、2019 年 12 月 6 日(ポスター発表)P-33
  3. 「かさ高い Rind 基を有する高周期 14 族元素不飽和化学種の合成と構造」、大野稜真・Rosas-Sanchez Alfredo・橋爪大輔・松尾司、第 46 回有機典型元素化学討論会、松山大学、2019 年 12 月 5 日(口頭発表)O-16
  4. 「テトラゲルマシクロブタジエンの合成と反応性」、黒田愛莉・沼田泰幸・橋爪大輔・松尾司、第 23 回ケイ素化学協会シンポジウム、フェニックス・シーガイア・リゾート、2019 年 11 月 2 日(ポスター発表)P19
  5. 「テトラスタンナシクロブタジエンの合成と反応性」、西川湧理・沼田泰幸・橋爪大輔・松尾司、第 23 回ケイ素化学協会シンポジウム、フェニックス・シーガイア・リゾート、2019 年 11 月 2 日(ポスター発表)P38
  6. 「π共役系ジテトレン化合物の合成と光物性」、矢倉将吾・大野稜真・西村章吾・早川直輝・橋爪大輔・松尾司、第 23 回ケイ素化学協会シンポジウム、フェニックス・シーガイア・リゾート、2019 年 11 月 2 日(ポスター発表)P56
  7. 「かさ高い EMind 基を有するハーフペアレント型ジアゾメタンの反応性」、山田康平・貞森和也・佐野友宇也・菅野公平・吉村誠慶・畑中美穂・松尾司、第 30 回基礎有機化学討論会、大阪国際交流センター、2019 年 9 月 25日(口頭発表)IC09
  8. 「NHC を用いたリン‐ケイ素二重結合の切断反応」、大林智洋・貞森和也・吉村誠慶・畑中美穂・松尾司、第 30 回基礎有機化学討論会、大阪国際交流センター、2019 年 9 月 25 日(ポスター発表)IP135
  9. 「Eind 基を有する中性クロムシリリン錯体の合成と構造およびアルキンとの反応」、松岡正紘・橋本久子・大野稜真・松尾司・飛田博実、錯体化学会第 69 回討論会、名古屋大学、2019 年 9 月 21 日(口頭発表)講演番号1Da-08
  10. 「π-Electron Systems Containing Ge=Ge Double Bonds」、Shogo Yagura, RyomaOhno, Naoki Hayakawa, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo 、InternationalConference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tinand Lead (GTL 2019), Saitama、2019 年 9 月 2 日(ポスター発表)P26
  11. 「 Reactions of a Half-Parent Diazomethane, (EMind)CHN2: Synthesis of aGermene, (Eind)BrGe=CH(EMind)」、Kohei Yamada, Kazuya Sadamori, YuyaSano, Ryoma Ohno, Takayoshi Yoshimura, Miho Hatanaka, Tsukasa Matsuo、International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry ofGermanium, Tin and Lead (GTL 2019), Saitama、2019 年 9 月 2 日(ポスター発表)P37
  12. 「 Synthesis and Characterization of a Series of Diarylgermylenes andDihalodigermenes Having Bulky Rind Groups」、 Ryoma Ohno, Yasuyuki Numata,Naoko Fujita, Naoki Hayakawa, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo 、International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry ofGermanium, Tin and Lead (GTL 2019), Saitama、2019 年 9 月 2 日(ポスター発表)P54
  13. 「Reduction of 1,2-Dibromodisilene Bearing the Bulky Eind Groups」、RyomaOhno, Alfredo Rosas-Sanchez, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo、The 7thAsian Silicon Synposium (ASiS-7), Nangyan Technological University, Singapore、2019 年 7 月 30 日、P09
  14. 「Cleavage of a P=Si Double Bond Mediated by NHC」、Tomohiro Obayashi,Kazuya Sadamori, Takayoshi Yoshimura, Miho Hatanaka, Tsukasa Matsuo、The7th Asian Silicon Synposium (ASiS-7), Nangyan Technological University,Singapore、2019 年 7 月 30 日、P15
  15. 「π-Conjugated Ditetrene Compounds with Thiophene Rings」、Shogo Yagura,Ryoma Ohno, Shogo Nishimura, Naoki Hayakawa, Daisuke Hashizume, TsukasaMatsuo、The 7th Asian Silicon Synposium (ASiS-7), Nangyan TechnologicalUniversity, Singapore、2019 年 7 月 30 日、P31
  16. 「かさ高いRind基を有するジハロジテトレンの反応」、大野稜真・小中重明・沼田泰幸・早川直輝・ROSAS-SANCHEZ Alfredo・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第99春季年会、甲南大学、2019年3月19日(口頭発表)講演番号4D1–20
  17. 「チオフェンを有する14族元素共役系化合物の合成研究」、矢倉将吾・大野稜真・松尾司、日本化学会第99春季年会、甲南大学、2019年3月18日(ポスター発表)講演番号3PC–008
  18. 「ホスファシレンとNHCとの反応」、大林智洋・貞森和也・畑中美穂・松尾司、日本化学会第99春季年会、甲南大学、2019年3月18日(ポスター発表)講演番号3PC–002
  19. 「テトラスタンナシクロブタジエンの合成と構造」、沼田泰幸・貞森和也・畑中美穂・松尾司、日本化学会第99春季年会、甲南大学、2019年3月18日(口頭発表)講演番号3D1–35
  20. 「ハーフペアレント型ジアゾメタンの反応性」、山田康平・貞森和也・管野公平・佐野友宇也・吉村誠慶・畑中美穂・松尾司、日本化学会第99春季年会、甲南大学、2019年3月17日(口頭発表)講演番号2E3–40
  21. 「ジアリールコバルト二価錯体の合成と反応」、管野公平・岡澤厚・松尾司、日本化学会第99春季年会、甲南大学、2019年3月16日(ポスター発表)講演番号1PA–135
  22. 「Rind基を基盤とした非常にかさ高い単座アリールオキシドの合成と錯形性能」、渡内稔季・伊塚幸司・管野公平・ROSAS-SANCHEZ Alfredo・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第99春季年会、甲南大学、2019年3月16日(ポスター発表)講演番号1PA–059
  23. 「かさ高いRind基を有するジハロジテトレンの合成と反応性」、大野稜真、総合理工マスターズ2019、近畿大学、2019年2月28日(ポスター発表)MO25
  24. 「かさ高いEMind基を有するハーフペアレント型ジアゾメタンの反応性」、山田康平、総合理工マスターズ2019、近畿大学、2019年2月28日(ポスター発表)MO26

2018

  1. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する高周期14族元素二価化学種の合成と構造」、山下凌汰・宮本優・西谷誠寿・早川直輝・松尾司、第45回有機典型元素化学討論会、朱鷺メッセ、2018年12月14日(ポスター発表)P-51
  2. 「テトラスタンナシクロブタジエンの合成と構造」、沼田泰幸・松尾司、第45回有機典型元素化学討論会、朱鷺メッセ、2018年12月14日(口頭発表)O-29
  3. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する4族遷移金属アルキル錯体の合成と構造」、渡内稔季・金澤渉也・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2018年11月28日(ポスター発表)P–11
  4. 「高周期元素二重結合化合物とNHCとの反応」、貞森和也・早川直輝・辻本祥太・畑中美穂・若林知成・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2018年11月28日(ポスター発表)P–10
  5. 「官能性スズ二価化学種「ハロスタンニレン」の合成と構造」、沼田泰幸・早川直輝・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2018年11月28日(ポスター発表)P–8
  6. 「高周期14族元素二価化学種「ジアリールテトリレン」の合成と反応性」、小中重明・沼田泰幸・大野稜真・早川直輝・橋爪大輔・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2018年11月28日(ポスター発表)P–7
  7. 「ハーフペアレント型ジアゾメタンを鍵とするゲルマニウム不飽和化合物の合成研究」、山田康平・佐野友宇也・早川直輝・吉村誠慶・畑中美穂・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2018年11月28日(ポスター発表)P–6
  8. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する高周期14族元素二価化学種の合成と構造」、山下凌汰・西谷誠寿・早川直輝・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2018年11月28日(ポスター発表)P–5
  9. 「かさ高い単座アリールチオラート配位子を有する鉄錯体及び鉄−硫黄クラスターの合成と構造」、管野公平・早川直輝・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2018年11月28日(ポスター発表)P–4
  10. 「Synthesis and Structures of Iron Complexes Bearing Bulky Monodentate Arylthiolate Ligands」、K. Sugano, M. Hamura, N. Hayamawa, R. Araake, Y. Ohki, T. Matsuo, The 18th Jaman-Korea Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry,Yokkaichi Shoko-kaigi sho、2018年11月1日(ポスター発表)P06
  11. 「テトラスタンナシクロブタジエンの合成と構造」、沼田泰幸・早川直輝・松尾司、第22回ケイ素化学協会シンポジウム、きぬ川ホテル三日月、2018年10月26日(ポスター発表)P51
  12. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する高周期14族元素二価化学種の合成と構造」、山下凌汰・宮本優・西谷誠寿・早川直輝・松尾司、第22回ケイ素化学協会シンポジウム、きぬ川ホテル三日月、2018年10月26日(ポスター発表)P50
  13. 「かさ高い単座アリールチオラート配位子を有する鉄−硫黄錯体の合成と構造」、管野公平・羽村将宏・早川直輝・荒明遼一・大木靖弘・松尾司、第65回有機金属化学討論会、同志社大学、2018年9月20日(ポスター発表)講演番号P2–42
  14. 「ジアリールテトリレンの合成と構造」、小中重明・沼田泰幸・大野稜真・早川直輝・森本達人・谷川智春・橋爪大輔・松尾司、第65回有機金属化学討論会、同志社大学、2018年9月20日(ポスター発表)講演番号P2–15
  15. 「π-Conjugation between a Si=Si Double Bond and Thiophene Rings」、T. Matsuo, N. Hayakawa, S. Nishimura, N. Kazusa, N. Shintani, T. Nakahodo, H. Fujihara, M. Hoshino, D. Hashizum, 28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28), Tokyo Institute of Technology、2018年8月28日(口頭発表)OB-12
  16. 「Germanone vs. Germanethione: Synthesis, Characterization, and Reactivity of Germanethione」、S. Konaka, N. Fujita, R. Ohno, N. Lentz, D. Hashizume, T. Matsuo, 28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28), Tokyo Institute of Technology、2018年8月27日(ポスター発表)PA-33
  17. 「Synthesis and Structures of Iron-Sulfur Complexes Bearing Bulky Monodentate Arylthiolate Ligands」、K. Sugano, M. Hamura, N. Hayamawa, R. Araake, Y. Ohki, T. Matsuo, 28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28),Tokyo Institute of Technology、2018年8月27日(ポスター発表)PA-29
  18. 「Synthesis and Structures of Iron-Sulfur Complexes Bearing Bulky Monodentate Arylthiolate Ligands」、K. Sugano, M. Hamura, N. Hayamawa, R. Araake, Y. Ohki, T. Matsuo, 43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC-2018),Sendai International Center、2018年8月1日(ポスター発表)S13–P08
  19. 「Synthesis and Structures of Group 4 Metal Alkyl Complexes Bearing Bulky Monodentate Aryloxide Ligands」、T. Watauchi, S. Kanazawa, T. Matsuo, 43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC-2018),Sendai International Center、2018年7月31日(ポスター発表)S53–P05
  20. 「かさ高い単座チオラート配位子を有する鉄錯体および鉄-硫黄クラスターの合成と構造」、管野公平・羽村将宏・早川直輝・荒明遼一・大木靖弘・松尾司、錯体化学会第68回討論会、仙台国際センター、2018年7月29日(口頭発表)講演番号2E-05
  21. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するチタンおよびジルコニウム錯体の合成と反応性」、渡内稔季・金澤渉也・松尾司、錯体化学会第68回討論会、仙台国際センター、2018年7月29日(口頭発表)講演番号2D-01
  22. 「Cleavage of Heavier Double Bonds Mediated by NHC」、K. Sadamori, N. Hayakawa, M. Hatanaka, T. Matsuo, The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15),ICR, Kyoto University、2018年6月26日(ポスター発表)PB21
  23. 「Synthesis and Photoreaction of a Half-Parent Diazomethane Bearing the Bulky EMind Group, (EMind)CHN2」、K. Yamada, Y. Sano, N. Hayakawa, T. Yoshimura, M. Hatanaka, The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15),ICR, Kyoto University、2018年6月26日(ポスター発表)PB07
  24. 「Synthesis and Reactivity of Tetragermacyclobutadiene」、Y. Numata, N. Hayakawa, D. Hashizume, T. Matsuo, The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15),ICR, Kyoto University、2018年6月25日(ポスター発表)PA23
  25. 「Synthesis, Structures, and Reactivity of 1,2-Dibromoditetrenes with Bulky MPind Groups, (MPind)BrE=EBr(MPind) (E = Si and Ge)」、R. Ohno, K. Magami, S. Konaka, Y. Numata, N. Hayakawa, D. Hashizume, T. Matsuo, The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15),ICR, Kyoto University、2018年6月25日(ポスター発表)PA21
  26. 「Synthesis, Characterization, and Reactivity of Diaryltetrylenes, (Rind)2E: (E = Si, Ge, Sn, and Pb)」、S. Konaka, Y. Numata, R. Ohno, N. Hayakawa, T. Morimoto, T. Tanikawa, D. Hashizume, T. Matsuo, The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15),ICR, Kyoto University、2018年6月25日(ポスター発表)PA07/li>
  27. 「Heavy Cyclobutadienes, E4(EMind)4 (E = Si and Ge)」、T. Matsuo, Y. Numata, N. Hayakawa, D. Hashizume, The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15),ICR, Kyoto University、2018年6月25日(口頭発表)A02
  28. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する4族遷移金属アルキル錯体の合成と構造」、渡内稔季・金澤渉也・西谷誠寿・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月22日(口頭発表)講演番号4A8–12
  29. 「かさ高いRind基を有するジアリールプルンビレンの合成と反応性」、小中重明・早川直輝・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月23日(口頭発表)講演番号3A8–19
  30. 「テトラゲルマシクロブタジエンの合成と反応性」、沼田泰幸・早川直輝・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月22日(口頭発表)講演番号3A8–14
  31. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する高周期14族元素二価化学種の合成と構造」、山下凌汰・宮本優・西谷誠寿・早川直輝・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月22日(口頭発表)講演番号3A8–13
  32. 「π共役系ジゲルメン化合物の合成と物性」、早川直輝・沼田泰幸・河合穂高・山谷健太・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月22日(口頭発表)講演番号3A8–12
  33. 「かさ高いMPind基を有する高周期14族元素不飽和結合化学種の合成」、大野稜真・眞上晃輔・小中重明・沼田泰幸・早川直輝・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月22日(口頭発表)講演番号3A8–11
  34. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する鉄錯体の合成と構造」、西谷誠寿・西井真実子・羽村将宏・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月22日(口頭発表)講演番号3A8–02
  35. 「かさ高いアリールチオラート配位子を有するリチウムおよび鉄錯体の合成と構造」、管野公平・羽村将宏・早川直輝・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月22日(口頭発表)講演番号3A8–01
  36. 「かさ高いRind基によって安定化されたアルマボラン(6)の合成」、北端拓也・貞森和也・早川直輝・室﨑貴大・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月21日(ポスター発表)講演番号2PC–072
  37. 「かさ高いEind基を有するヒドロシリレン・NHC付加体の合成」、貞森和也・早川直輝・松尾司、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月21日(口頭発表)講演番号2A8–33
  38. 「Reactions of a Tungsten Silylyne Complex with Alkynes: Formation of Silamettallacyclobutadiene via [2 + 2] Cycloaddition」、T. Yoshimoto, H. Hashimoto, N. Hayakawa, T. Matsuo, H. Tobita、日本化学会第98春季年会、日本大学、2018年3月20日(口頭発表)講演番号1A8–05
  39. 「かさ高いアリールチオラート配位子を有する鉄錯体の合成と構造」、管野公平、総合理工マスターズ2018、近畿大学、2018年2月26日(ポスター発表)V81
  40. 「テトラゲルマシクロブタジエンの合成と反応性」、沼田泰幸、総合理工マスターズ2018、近畿大学、2018年2月26日(ポスター発表)V82
  41. 「ヒドロシリレン・NHC付加体の合成」、貞森和也、総合理工マスターズ2018、近畿大学、2018年2月26日(ポスター発表)V83
  42. 「かさ高いアリールオキシド配位子を有する4族遷移金属錯体の合成と構造」、渡内稔季、総合理工マスターズ2018、近畿大学、2018年2月26日(ポスター発表)V84
  43. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する高周期14族元素二価化学種の合成と構造」、山下凌汰、総合理工マスターズ2018、近畿大学、2018年2月26日(ポスター発表)V85
  44. 「ジアリールプルンビレンの合成と反応性」、小中重明、総合理工マスターズ2018、近畿大学、2018年2月26日(ポスター発表)V86

2017

  1. 「かさ高いRind基を有するジアリールテトリレン」、小中重明・沼田泰幸・谷川智春・森本達人・早川直輝・橋爪大輔・松尾司、第44回有機典型元素化学討論会、東京工業大学、2017年12月7日(口頭発表)O-3
  2. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有するテトリレノイドの合成と構造」、山下凌汰・宮本優・鈴木誠寿・早川直輝・松尾司、第44回有機典型元素化学討論会、東京工業大学、2017年12月8日(ポスター発表)P-89
  3. 「かさ高いEMind基を有するジハロジゲルメンの合成と反応」、沼田泰幸・谷川智春・早川直輝・松尾司、第44回有機典型元素化学討論会、東京工業大学、2017年12月8日(ポスター発表)P-98
  4. 「かさ高いRind基を有するジホスフェンの反応」、貞森和也・辻本祥太・早川直輝・畑中美穂・橋爪大輔・松尾司、第44回有機典型元素化学討論会、東京工業大学、2017年12月8日(ポスター発表)P-103
  5. 「かさ高いMPind基を有する14族元素化合物の合成」、大野稜真・眞上晃輔・小中重明・沼田泰幸・早川直輝・松尾司、第21回ケイ素化学協会シンポジウム、宮城蔵王ロイヤルホテル、2017年10月27日(ポスター発表)P14
  6. 「種々のかさ高いRind基を有するジアリールプルンビレンの合成と構造」、小中重明・早川直輝・松尾司、第21回ケイ素化学協会シンポジウム、宮城蔵王ロイヤルホテル、2017年10月27日(ポスター発表)P29
  7. 「かさ高いRind基を有するシリレン・NHC付加体の合成」、貞森和也・早川直輝・松尾司、第21回ケイ素化学協会シンポジウム、宮城蔵王ロイヤルホテル、2017年10月27日(ポスター発表)P31
  8. 「種々のかさ高いRind基を有するブロモスタンニレンの合成と構造」、沼田泰幸・早川直輝・谷川智春・小中重明・松尾司、第21回ケイ素化学協会シンポジウム、宮城蔵王ロイヤルホテル、2017年10月27日(ポスター発表)P50
  9. 「かさ高いRind基を有するジハロジゲルメンの反応性の調査」、早川直輝・菅原知紘・沼田泰幸・河合穂高・山谷健太・橋爪大輔・笹森貴裕・時任宣博・松尾司、第21回ケイ素化学協会シンポジウム、宮城蔵王ロイヤルホテル、2017年10月27日(ポスター発表)P58
  10. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有するゲルミレノイドの合成と構造」、山下凌汰・宮本優・鈴木誠寿・早川直輝・松尾司、第21回ケイ素化学協会シンポジウム、宮城蔵王ロイヤルホテル、2017年10月27日(ポスター発表)P68
  11. 「Eind基を有するタングステンシリリン錯体とオルト位に置換基を持つ芳香族アルデヒドとの反応」、吉本崇志・橋本久子・早川直輝・松尾司・飛田博実、第21回ケイ素化学協会シンポジウム、宮城蔵王ロイヤルホテル、2017年10月27日(ポスター発表)P70
  12. 「かさ高い単座チオラート配位子で保護された鉄-硫黄クラスターの合成と構造」、管野公平・羽村将宏・早川直輝・荒明遼一・大木靖弘・松尾司、錯体化学会第67回討論会、北海道大学、2017年9月17日(ポスター発表)講演番号3PE-004
  13. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する遷移金属錯体の合成と構造」、鈴木誠寿・西井真実子・金澤渉也・保木直貴・松尾司、錯体化学会第67回討論会、北海道大学、2017年9月17日(口頭発表)講演番号2Aa-08
  14. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する4族遷移金属錯体の合成と反応」、渡内稔季・金澤渉也・保木直貴・鈴木誠寿・松尾司、錯体化学会第67回討論会、北海道大学、2017年9月16日(ポスター発表)講演番号1PA-047
  15. 「モリブデン–ケイ素三重結合錯体の合成と性質」、渡邊晃平・橋本久子・早川直輝・松尾司・飛田博実、錯体化学会第67回討論会、北海道大学、2017年9月16日(口頭発表)講演番号1Da-07
  16. 「シリリンタングステン錯体とアルキンとの[2+2]環化付加反応:シラメタラシクロブタジエンの単離および構造」、吉本崇志・橋本久子・早川直輝・松尾司・飛田博実、第64回有機金属化学討論会、東北大学、2017年9月9日(ポスター発表)講演番号P3-14
  17. 「平面四角形構造を有する白金(0)錯体」、田口廣臣・谷川一平・竹内勝彦・松尾司・田中宏昌・吉澤一成・小澤文幸、第64回有機金属化学討論会、東北大学、2017年9月7日(口頭発表)講演番号O1-09
  18. 「NHC-Silylene Adducts」、K. Sadamori, N. Hayakawa, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA 2017)、近畿大学、2017年8月31日(ポスター発表)P-076
  19. 「Synthesis and Structures of Group 4 Metal Complxes with Bulky Monodentate Aryloxide Ligands and Their Application to Catalytic CO2 Reduction」、S. Kanazawa, T. Watauchi, N. Hayakawa, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA 2017)、近畿大学、2017年8月31日(ポスター発表)T1-4
  20. 「Tetrylenoids with Bulky Carboxylate Ligands」、R. Yamashita, Y. Miyamoto, N. Suzuki, N. Hayakawa, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA 2017)、近畿大学、2017年8月30日(ポスター発表)P-115
  21. 「Group 4 Metal Complxes with Bulky Aryloxide Ligands」、T. Watauchi, S. Kanazawa, N. Suzuki, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA 2017)、近畿大学、2017年8月30日(ポスター発表)P-109
  22. 「Group 4 Metal Complxes and Clusters with Bulky Carboxylate Ligands」、N. Suzuki, M. Nishii, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA 2017)、近畿大学、2017年8月30日(ポスター発表)P-089
  23. 「Iron-Sulfur Complexss and Clusters with Bulky Thiolate Ligands」、K. Sugano, M. Hamura, N. Hayakawa, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA 2017)、近畿大学、2017年8月30日(ポスター発表)P-087
  24. 「Diaryl-substituted Tetrylenes」、S. Konaka, Y. Numata, N. Hayakawa, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA 2017)、近畿大学、2017年8月30日(ポスター発表)P-039
  25. 「Synthesis and Reactivity of Dihalodigermenes」、N. Hayakawa, T. Sugahara, Y. Numata, H. Kawaai, K. Yamatani, S. Nishimura, S. Goda, Y. Suzuki, T. Tanikawa, H. Nakai, D. Hashizume, T. Sasamori, N. Tokitoh, T. Matsuo、International Symposium on Chemistry for Solar Energy Applications (C–SEA) 2017、近畿大学、2017年8月30日(口頭発表)ST-2
  26. 「Synthesis of NHC-Silylene Adducts with the Rind Groups」、K. Sadamori, N. Hayakawa, T. Matsuo、The 18th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS XVIII)、山東ホテル(中国済南市)、2017年8月9日(ポスター発表)P135
  27. 「Synthesis, Structural Characterization, and Electronic Properties of Diaryl- substituted Tetrylenes, (Rind)2E: (E = Si, Ge, Sn, and Pb)」、Y. Numata, N. Hayakawa, S. Konaka, K. Hara, N. Fujita, T. Morimoto, T. Tanikawa, D. Hashizume, T. Matsuo、The 18th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS XVIII)、山東ホテル(中国済南市)、2017年8月8日(ポスター発表)P90
  28. 「π-Conjugated Ditetrenes Bearing the Rind Groups」、N. Hayakawa, S. Nishimura, H. Kawaai, K. Yamatani, T. Fukawa, M. Kobayashi, K. Tamao, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, T. Matsuo、The 18th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS XVIII)、山東ホテル(中国済南市)、2017年8月8日(ポスター発表)P44
  29. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有するチタン錯体の合成と構造」、鈴木誠寿・西井真実子・金澤渉也・保木直貴・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月19日(口頭発表)講演番号4G2–30
  30. 「平面四角形構造をもつPNP ピンサー型ホスファアルケン白金(0)錯体」、田口廣臣・谷川一平・竹内勝彦・松尾司・田中宏昌・吉澤一成・小澤文幸、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月19日(口頭発表)講演番号4G2–08
  31. 「Rind 配位子を用いた直線二配位鉄(I)錯体の動的スピン挙動」、岡澤厚・二階正憲・羽村将宏・合田舜・早川直輝・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月18日(口頭発表)講演番号3G5–32
  32. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するチタンアルキル錯体の合成と構造」、渡内稔季・金澤渉也・保木直貴・鈴木誠寿・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月18日(口頭発表)講演番号3G3–04
  33. 「かさ高いRind 基を有するプルンビレンの合成」、小中重明・早川直輝・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月17日(口頭発表)講演番号2G5–51
  34. 「かさ高いRind 基を有するスタンニレンの合成」、沼田泰幸・小中重明・早川直輝・原光平・谷川智春・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月17日(口頭発表)講演番号2G5–50
  35. 「Dihalodigermenes Stabilized by the Bulky Rind Groups」、N. Hayakawa, Y. Numata, H. Kawaai, K. Yamatani, S. Goda, D. Hashizume, T. Sugahara, T. Sasamori, N. Tokitoh, T. Matsuo、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月17日(口頭発表)講演番号2G5–47
  36. 「チエニル基を有するジシレン化合物の合成と光物性」、西村章吾・早川直輝・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月17日(ポスター発表)講演番号2PA–112
  37. 「鉄−硫黄−ヒドリドクラスターの合成と構造」、管野公平・羽村将宏・早川直輝・荒明遼一・大木靖弘・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月16日(口頭発表)講演番号1G3–48
  38. 「かさ高いRind基を有するジアゾメタンの構造と反応性」、佐野友宇也・早川直輝・吉田枝実花・松井康哲・池田浩・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月16日(ポスター発表)講演番号1PB–033
  39. 「高周期典型元素二重結合とNHCとの反応」、貞森和也・早川直輝・辻本祥太・畑中美穂・若林知成・松尾司、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月16日(口頭発表)講演番号1E8–09
  40. 「Reactions of a Tungsten Silylyne Complex Having an Eind Group on Its Silicon Atom with Aldehydes and Aldimines」、T. Yoshimoto, H. Hashimoto, N. Hayakawa, T. Matsuo, H. Tobita、日本化学会第97春季年会、慶應義塾大学、2017年3月16日(口頭発表)講演番号1G2–02
  41. 「Isolation and Characterization of Alumaborane(6) Stabilized by the Fused-Ring Bulky Eind Groups」、T. Murosaki, N. Hayakawa, T. Matsuo、感応性化学種が拓く新物質科学 第2回国際シンポジウム、広島大学、2017年3月6日(ポスター発表)
  42. 「Synthesis, Structural Characterization, and Electronic Properties of Diaryl-substituted Tetrylenes, (Eind)2E: (E = Si, Ge, Sn, and Pb)」、T. Matsuo、感応性化学種が拓く新物質科学 第2回国際シンポジウム、広島大学、2017年3月6日(口頭発表)
  43. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有するチタン錯体の合成と構造」、鈴木誠寿、総合理工マスターズ2017、近畿大学、2017年3月1日(ポスター発表)A67

2016

  1. 「ジハロジゲルメンの合成と反応」、早川直輝・沼田泰幸・河合穂高・山谷健太・合田舜・谷川智春・橋爪大輔・松尾司、第43回有機典型元素化学討論会、仙台市民会館、2016年12月10日(口頭発表)O-40
  2. 「ジホスフェンとNHCとの反応」、貞森和也・辻本祥太・早川直輝・畑中美穂・若林知成・松尾司、第43回有機典型元素化学討論会、仙台市民会館、2016年12月9日(ポスター発表)P-37
  3. 「アルミニウム間二重結合化学種による水素分子活性化反応」、吾郷友宏・室﨑貴大・松尾司・笹森貴裕・時任宣博、第43回有機典型元素化学討論会、仙台市民会館、2016年12月9日(ポスター発表)P-84
  4. 「シリリン錯体とベンズアルデヒドの反応:W–Si–O–C四員環メタラサイクルの生成およびシラン酸エステルへの分解」、吉本崇志・橋本久子・早川直輝・松尾 司・飛田博実、第43回有機典型元素化学討論会、仙台市民会館、2016年12月9日(ポスター発表)P-97
  5. 「立体的にかさ高い超原子価ヨウ素化合物の合成と反応」、北村二雄・山崎雄輝・小山田重蔵・松尾司、第43回有機典型元素化学討論会、仙台市民会館、2016年12月8日(口頭発表)O-13
  6. 「かさ高いRind基を有するプルンビレンの合成」、小中重明・早川直輝・松尾司、第20回ケイ素化学協会シンポジウム、安芸グランドホテル、2016年10月7日(ポスター発表)P25
  7. 「チエニル基を有するジシレン化合物の合成研究」、西村章吾・早川直輝・松尾司、第20回ケイ素化学協会シンポジウム、安芸グランドホテル、2016年10月7日(ポスター発表)P47
  8. 「かさ高いRind基を有するスタンニレンの合成」、沼田泰幸・小中重明・早川直輝・原光平・谷川智春・松尾司、第20回ケイ素化学協会シンポジウム、安芸グランドホテル、2016年10月7日(ポスター発表)P49
  9. 「ジハロジゲルメンの合成と反応」、早川直輝・沼田泰幸・河合穂高・山谷健太・合田舜・谷川智春・橋爪大輔・松尾司、第20回ケイ素化学協会シンポジウム、安芸グランドホテル、2016年10月7日(ポスター発表)P56
  10. 「シリリンタングステン錯体とC=NおよびC=O二重結合を有する不飽和有機基質との反応」、吉本崇志・橋本久子・早川直輝・松尾 司・飛田博実、第20回ケイ素化学協会シンポジウム、安芸グランドホテル、2016年10月7日(ポスター発表)P70
  11. 「かさ高いRind基によって安定化されたジハルジゲルメン」、早川直輝・沼田泰幸・河合穂高・山谷健太・合田舜・谷川智春・橋爪大輔・松尾司、第63回有機金属化学討論会、早稲田大学、2016年9月16日(ポスター発表)講演番号P3–62
  12. 「かさ高いRind基を有する水素化アルミニウム化合物の合成、構造および反応性」、室﨑貴大・金田将平・早川直輝・橋爪大輔・松尾司、第63回有機金属化学討論会、早稲田大学、2016年9月15日(ポスター発表)講演番号P2–55
  13. 「10族金属PNPピンサー型ホスファアルケン錯体:金属による配位構造の著しい変化」、田口廣臣・谷川一平・竹内勝彦・辻本祥太・松尾司・小澤文幸、第63回有機金属化学討論会、早稲田大学、2016年9月15日(ポスター発表)講演番号P2–19
  14. 「シリリン錯体とアルデヒドとの反応:形式的メタセシス反応によるシラノン二量体の生成」、吉本崇志・橋本久子・早川直輝・松尾司・飛田博実、第63回有機金属化学討論会、早稲田大学、2016年9月14日(口頭発表)講演番号O1–09
  15. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するチタン錯体の合成と反応性」、渡内稔季・金澤渉也・保木直貴・鈴木誠寿・松尾司、錯体化学会第66回討論会、福岡大学、2016年9月11日(ポスター発表)講演番号2PA-064
  16. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有するチタン錯体の合成と構造」、鈴木誠寿・西井真実子・金澤渉也・保木直貴・松尾司、錯体化学会第66回討論会、福岡大学、2016年9月10日(ポスター発表)講演番号1PA-013
  17. 「かさ高い単座窒素配位子を有する遷移金属錯体の合成と反応性」、保木直貴・金澤渉也・羽村将宏・松尾司、錯体化学会第66回討論会、福岡大学、2016年9月10日(口頭発表)講演番号1Ab-02
  18. 「かさ高いRind基を有するジアゾメタンの単離と反応性」、佐野友宇也・早川直輝・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2016年9月9日(ポスター発表)P–40
  19. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有するチタン錯体の合成と構造」、鈴木誠寿・西井真実子・金澤渉也・保木直貴・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2016年9月9日(ポスター発表)P–45
  20. 「チエニル基を有するジシレン化合物の合成と物性の調査」、西村章吾・上総展弘・早川直輝・橋爪大輔・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2016年9月9日(ポスター発表)P–69
  21. 「水素化アルミニウム化合物の合成、構造および反応性」、室﨑貴大・金田将平・早川直輝・橋爪大輔・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2016年9月9日(ポスター発表)P–93
  22. 「かさ高い単座窒素配位子を有する遷移金属錯体の合成」、保木直貴・松尾司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2016年9月9日(ポスター発表)P–95
  23. 「π共役系ジメタレン化合物の合成」、早川直樹、近大若手シンポジウム、近畿大学、2016年9月9日(口頭発表)O–3
  24. 「Dihalodigermenes Stabilized by the Bulky Rind Groups」、Naoki Hayakawa, Yasuyuki Numata, Hotaka Kawaai, Kenta Tamatani, Shun Goda, Tomoharu Tanikawa, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo、International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead (GTL 2016), Pardubice, Czech Republic、2016年8月29日(ポスター発表)PP30
  25. 「Germanone and Related Compounds」、Tsukasa Matsuo, Naoko Fujita, Tastuto Morimoro, Naoki Hayakawa, Tomoharu Tanikawa, Daisuke Hashizume, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka、International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead (GTL 2016), Pardubice, Czech Republic、2016年8月29日(口頭発表)OC4
  26. 「かさ高いEind基で安定化されたジハロジゲルメン」、早川直輝・河合穂高・山谷健太・合田舜・谷川智春・橋爪大輔・松尾司、第十一回有機元素化学セミナー、京都大学化学研究所、2016年6月3日(ポスター発表)P34
  27. 「かさ高い単座窒素配位子の合成と錯形成能」、保木直貴・金澤渉也・羽村将宏・松尾司、第十一回有機元素化学セミナー、京都大学化学研究所、2016年6月3日(ポスター発表)P35
  28. 「1,2-ジ(2-チエニル)ジシレンの合成と物性」、西村章吾・早川直輝・上総展弘・橋爪大輔・松尾司、第十一回有機元素化学セミナー、京都大学化学研究所、2016年6月3日(ポスター発表)P36
  29. 「かさ高いカルボキシラート配位子の合成と錯形成能」、鈴木誠寿・西井真実子・金澤渉也・保木直貴・松尾司、第十一回有機元素化学セミナー、京都大学化学研究所、2016年6月3日(ポスター発表)P37
  30. 「1,2-Di(1-pyrenyl)disilene with Bulky Rind Groups」、N. Hayakawa, T. Matsuo、第70回藤原セミナー、ザ・ルイガンズ、2016年4月18日
  31. 「かさ高いカルボキシラート配位子の開発と錯形成能」、鈴木誠寿・西井真 実子・金澤渉也・保木直貴・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月27日(口頭発表)講演番号4E1–22
  32. 「ジホスフェンとNHCとの反応」、辻本祥太・早川直輝・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月26日(ポスター発表)講演番号3PC–049
  33. 「水素化ホウ素化合物と一酸化炭素との反応」、金田将平・庄子良晃・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月26日(ポスター発表)講演番号3PC–053
  34. 「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子Eind-PPEPの合成と鉄および銅錯体への適用」、佐々木大智・田中裕人・田口廣臣・竹内勝彦・辻本祥太・松尾司・小澤文幸、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月26日(口頭発表)講演番号3D6–30
  35. 「かさ高い単座窒素配位子を有するチタン錯体の合成」、保木直貴・金澤渉也・羽村将宏・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月26日(口頭発表)講演番号3E1–02
  36. 「新規PNPピンサー型ホスファアルケン配位子Eind2-BPEPの合成と10族金属錯体への適用」、谷川一平・田口廣臣・竹内勝彦・辻本祥太・松尾司・小澤文幸、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月26日(口頭発表)講演番号2E5–43
  37. 「Reactions of a Silylyne Tungsten Complex Having an Eind Group with Ketones and Aldehydes」、T. Yoshimoto, H. Hashimoto, N. Hayakawa, T. Matsuo, H. Tobita、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月25日(口頭発表)講演番号2E2–42
  38. 「かさ高いRind基を有するジアゾメタンの合成と反応性」、佐野友宇也・吉田枝実花・前出智貴・早川直輝・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月25日(口頭発表)講演番号2F7–36
  39. 「π-Conjugated Dimetallene Compounds Stabilized by the Bulky Rind Groups」、N. Hayakawa, T. Matsuo、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月25日(口頭発表)講演番号2E2–32
  40. 「かさ高いRind基によって安定化されたπ共役系ジゲルメン化合物の合成」、山谷健太・河合穂高・早川直貴・谷川智春・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月25日(口頭発表)講演番号2E2–31
  41. 「かさ高いRind基を有する1,2-ジ(2-チエニル)ジシレンの合成」、西村章吾・早川直輝・小林恵・橋爪大輔・玉尾皓平・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月25日(口頭発表)講演番号2E2–28
  42. 「かさ高いRind基を有する水素化アルミニウム化合物の合成と反応」、室﨑貴大・金田将平・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月25日(口頭発表)講演番号2F7–03
  43. 「かさ高いMPind基を有する有機ケイ素化合物の合成と反応」、眞上晃輔・早川直輝・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月25日(ポスター発表)講演番号2PB–017
  44. 「ジルコニウムカチオン種を均一系触媒とするヒドロシランを用いた二酸化炭素の還元反応」、金澤渉也・松尾司、日本化学会第96春季年会、同志社大学、2016年3月24日(口頭発表)講演番号1E5–09
  45. 「π-Conjugated Dimetallene Compounds Stabilized by the Bulky Rind Groups」、N. Hayakawa, T. Matsuo、感応性化学種が拓く新物質科学 第3回若手国際シンポジウム、名古屋大学、2016年3月9日(ポスター発表)
  46. 「かさ高い窒素配位子を有する遷移金属錯体の合成と反応性」、保木直貴、総合理工マスターズ2016、近畿大学、2016年2月23日(ポスター発表)P54
  47. 「かさ高いRind基を有するジアゾメタンの合成と反応性」、佐野友宇也、総合理工マスターズ2016、近畿大学、2016年2月23日(ポスター発表)P36
  48. 「かさ高いRind基を有する1,2-ジ(2-チエニルジシレン)の合成」、西村章吾、総合理工マスターズ2016、近畿大学、2016年2月23日(ポスター発表)P26
  49. 「かさ高いRind基を有する水素化アルミニウム化合物の合成と反応」、室﨑貴大、総合理工マスターズ2016、近畿大学、2016年2月23日(ポスター発表)P16

2015

  1. 「かさ高いRind基を有するリン不飽和化合物の合成」、辻本祥太・橋爪大輔・松尾 司、第42回有機典型元素化学討論会、名古屋大学、2015年12月4日(口頭発表)講演番号O–29
  2. 「シリル置換テトラフェニルシロールの合成と還元反応」、前出智貴・林郁哉・松尾 司、第42回有機典型元素化学討論会、名古屋大学、2015年12月4日(ポスター発表)講演番号P–09
  3. 「かさ高いRind基を有するジアゾメタンの単離」、佐野友宇也・吉田枝実花・前出智貴・早川直輝・中田憲男・石井昭彦・松尾 司、第42回有機典型元素化学討論会、名古屋大学、2015年12月4日(ポスター発表)講演番号P–05
  4. 「かさ高いRind基を有する水素化アルミニウム化合物の合成と構造」、室﨑貴大・金田将平・橋爪大輔・松尾 司、第42回有機典型元素化学討論会、名古屋大学、2015年12月4日(ポスター発表)講演番号P–02
  5. 「遷移金属を用いない一酸化炭素のC–O結合切断反応」、金田将平・庄子良晃・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第42回有機典型元素化学討論会、名古屋大学、2015年12月4日(ポスター発表)講演番号P–01
  6. 「Synthesis and Structures of Hydroaluminum Compounds with Bulky Rind Groups」、Takahiro Murosaki, Shohei Kaneda, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo、Stimulating Meeting for Young Researchers in Chemistry on Stimuli-Responsive Chemical Species、ICR, Kyoto University、2015年11月12日(ポスター発表)P-16
  7. 「Synthesis and Reacrivity of the Bulky Rind-substituted Diazomethane」、Yuya Sano, Emika Yoshida, Tomoki Maede, Naoki Hayakawa, Norio Nakata, Akihiko Ishii, Tsukasa Matsuo、Stimulating Meeting for Young Researchers in Chemistry on Stimuli-Responsive Chemical Species、ICR, Kyoto University、2015年11月12日(ポスター発表)P-15
  8. 「1-Pyrenyl-Substituted Disilenes Bearing the Bulky Rind Groups」、Naoki Hayakawa, Megumi Kobayashi, Daisuke Hashizume, Kohei Tamao, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka, Tsukasa Matsuo、Stimulating Meeting for Young Researchers in Chemistry on Stimuli-Responsive Chemical Species、ICR, Kyoto University、2015年11月12日(ポスター発表)P-14
  9. 「ヒドリド(ヒドロシリレン)錯体の段階的脱水素化反応によるシリリン錯体の合成およびその構造」、吉本崇志・福田哲也・橋本久子・早川直輝・松尾 司・飛田博実、第19回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ琵琶湖、2015年10月23日(ポスター発表)P65
  10. 「ヘキサフェニルベンゼンヘキサアニオン種の熱異性化反応」、前出智貴・谷川智春・橋爪大輔・松尾 司、第19回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ琵琶湖、2015年10月23日(ポスター発表)P57
  11. 「ゲルマニウムを含むケトン関連化合物の合成」、藤田直子・李 良春・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第19回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ琵琶湖、2015年10月23日(ポスター発表)P54
  12. 「かさ高いRind基を有するピレニル置換ジシレンの合成と光異性化反応」、早川直輝・小林 恵・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第19回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ琵琶湖、2015年10月23日(ポスター発表)P52
  13. 「かさ高いRind基を有する1,2-ジ(2-チエニル)ジシレンの合成」、西村章吾・上総展弘・早川直輝・小林 恵・玉尾皓平・橋爪大輔・松尾 司、第19回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ琵琶湖、2015年10月23日(ポスター発表)P47
  14. 「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子Rind-PPEPの開発とCO2の触媒的ヒドロシリル化反応への応用」、竹内勝彦・田口廣臣・佐々木大智・張 永宏・辻本祥太・松尾 司・田中宏昌・吉澤一成・小澤文幸、第19回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ琵琶湖、2015年10月23日(ポスター発表)P37
  15. 「かさ高いRind基を有するジアゾメタンの合成と反応性」、佐野友宇也・吉田枝実花・前出智貴・早川直輝・中田憲男・石井昭彦・松尾 司、第19回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ琵琶湖、2015年10月23日(ポスター発表)P30
  16. 「2-Thienyl-Subsituted Disilenes Protected by the Bulky Rind Groups」、Shogo Nishimura, Nobuhiro Kazusa, Naoki Hayakawa, Megumi Kobayashi, Kohei Tamao, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo、The 5th Asian Silicon Symposium (ASiS-5)、Lotte City Hotel Jeju, Korea、2015年10月19日(ポスター発表)54
  17. 「Hexaphenylbenzene Hexaanion Species Stabilized by Silyl Groups: Structural Characteristics and Electronic Properties」、Tomoki Maede, Tomoharu Tanikawa, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo、The 5th Asian Silicon Symposium (ASiS-5)、Lotte City Hotel Jeju, Korea、2015年10月19日(ポスター発表)40
  18. 「1-Pyrenyl-Substituted Disilenes Bearing the Bulky Rind Groups」、Naoki Hayakawa, Megumi Kobayashi, Daisuke Hashizume, Kohei Tamao, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka, Tsukasa Matsuo、The 5th Asian Silicon Symposium (ASiS-5)、Lotte City Hotel Jeju, Korea、2015年10月19日(ポスター発表)11
  19. 「Germanium Ketone Analogues, (Rind)2Ge=E (E = O, S, Se): Synthesis, Structures, and Bonding Properties」、Naoko Fujita, Liangchun Li, Daisuke Hashizume, Kohei Tamao, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka, Tsukasa Matsuo、The 5th Asian Silicon Symposium (ASiS-5)、Lotte City Hotel Jeju, Korea、2015年10月19日(ポスター発表)09
  20. 「Diarylsilylenes Bearing the Bulky Rind Groups」、Tsukasa Matsuo, Tatsuto Motimoto, Naoki Hayakawa, Daisuke Hashizume, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka、The 5th Asian Silicon Symposium (ASiS-5)、Lotte City Hotel Jeju, Korea、2015年10月19日(口頭発表)OP08
  21. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する4族遷移金属錯体の合成と二酸化炭素の還元反応」、松尾 司・金澤渉也、錯体化学会第65回討論会、奈良女子大学、2015年9月22日(口頭発表)講演番号2Da-12
  22. 「かさ高い単座窒素配位子の開発および遷移金属錯体の合成と錯形成能」、保木直貴・金澤渉也・松尾 司、錯体化学会第65回討論会、奈良女子大学、2015年9月21日(ポスター発表)講演番号1PA-07
  23. 「かさ高い単座アリールチオラート配位子を有する鉄錯体の合成」、羽村将宏・合田舜・橋爪大輔・松尾 司、錯体化学会第65回討論会、奈良女子大学、2015年9月21日(口頭発表)講演番号1Ac-07
  24. 「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子Rind-PPEPの合成と触媒化学への応用」、佐々木大智・田口廣臣・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸、第116回触媒討論会、三重大学、2015年9月17日(口頭発表)講演番号2C21
  25. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する4族遷移金属錯体の合成と二酸化炭素の還元反応」、松尾 司・金澤渉也、第116回触媒討論会、三重大学、2015年9月17日(口頭発表)講演番号2C15
  26. 「ノンイノセントPNPピンサー型ホスファアルケン配位子Rind-PPEPを有する遷移金属錯体の合成、構造および反応性」、田口廣臣・佐々木大智・竹内勝彦・辻本祥太・松尾 司・小澤文幸、第62回有機金属化学討論会、関西大学、2015年9月9日(ポスター発表)講演番号P3–36
  27. 「直線型二配位構造を有する有機鉄錯体の合成と物性」、松尾 司・合田 舜・伊藤幹直・橋爪大輔・玉尾皓平・岡澤 厚・小島憲道・小林義男・笛野博之・田中一義、第62回有機金属化学討論会、関西大学、2015年9月8日(口頭発表)講演番号O2–10
  28. 「シリリンタングステン錯体二量体とカルボニル化合物との反応」、吉本崇志・橋本久子・早川直輝・松尾 司・飛田博実、第62回有機金属化学討論会、関西大学、2015年9月8日(ポスター発表)講演番号P2–91
  29. 「シリル基によって安定化されたヘキサフェニルベンゼンヘキサアニオン種の構造と電子物性」、前出智貴・谷川智春・橋爪大輔・松尾 司、第62回有機金属化学討論会、関西大学、2015年9月8日(ポスター発表)講演番号P2–85
  30. 「かさ高い単座窒素配位子を有する遷移金属錯体の合成」、保木直貴・金澤渉也・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–69
  31. 「かさ高いRind基を有する水素化アルミニウム化合物の合成と構造」、室﨑貴大・金田将平・橋爪大輔・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–82
  32. 「ヘキサフェニルベンゼンヘキサアニオン種の構造研究」、前出智貴・谷川智春・橋爪大輔・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–77
  33. 「ゲルマニウムを含むケトン関連化合物の合成」、藤田直子・李良春・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–73
  34. 「かさ高い単座アリールチオラート配位子を有する鉄錯体の合成」、羽村将宏・合田舜・橋爪大輔・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–69
  35. 「かさ高いRind基を有するジ(2-チエニル)ジシレンの合成」、西村章吾・早川直輝・上総展弘・小林恵・玉尾皓平・橋爪大輔・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–67
  36. 「かさ高いRind基を有するリン不飽和化合物の合成研究」、辻本祥太・橋爪大輔・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–55
  37. 「かさ高いカルボキシラート配位子の開発と錯形成能」、鈴木誠寿・西井真実子・金澤渉也・羽村将宏・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–45
  38. 「かさ高いRind基を有するジアゾメタンの合成と単離」、佐野友宇也・前出智貴・早川直輝・中田憲男・石井昭彦・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–41
  39. 「ジヒドロジボラン(4)-ピリジン付加体」、金田将平・庄子良晃・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–22
  40. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する4族遷移金属錯体の合成と二酸化炭素の還元反応」、金澤渉也・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(ポスター発表)P–21
  41. 「共役系sp2ケイ素化合物の合成と光物性」、早川直輝・小林 恵・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、近大若手シンポジウム、近畿大学、2015年9月3日(口頭発表)O–3
  42. 「Development of Bulky Nitrogen Ligands and Their Coordination Properties」、Naoki Yasuki, Shoya Kanazawa, Masahiro Hamura, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-30
  43. 「Synthesis and Isolation of Rind-substituted Diazomethane, (Rind)CHN2」、Yuya Sano, Naoki Hayakawa, Tomoki Maede, Norio Nakata, Akihiko Ishii, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-29
  44. 「Synthesis and Structures of Hydroaluminum Compounds with Bulky Rind Groups」、Takahiro Murosaki, Shohei Kaneda, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-28
  45. 「Hexaphenylbenzene Hexaanion Species Stabilized by Silyl Groups: Structural Characteristics and Electronic Properties」、Tomoki Maede, Tomoharu Tanikawa, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-27
  46. 「Dihydrodiborane(4)-Pyridine Adducts: Electronic Structure and Photophysical Properties」、Shohei Kaneda, Yoshiaki Shoji, Daisuke Hashizume, Kohei Tamao, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-26
  47. 「Synthesis and Characterization of Unsaturated Phosphorus Compounds Bearing Bulky Rind Groups」、Shota Tsujimoto, Daisuke Hashizume, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-25
  48. 「Germanium Ketone Analogues, (Rind)2Ge=E (E = O, S, and Se): Synthesis, Structures, and Bonding Properties」、Naoko Fujita, Liangchun Li, Daisuke Hashizume, Kohei Tamao, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-24
  49. 「π-Conjugated Disilenes Protected by Bulky Rind Groups: Synthesis and Photophysical Properties」、Naoki Hayakawa, Megumi Kobayashi, Daisuke Hashizume, Kohei Tamao, Hiroyuki Fueno, Kazuyoshi Tanaka, Tsukasa Matsuo、The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日(ポスター発表)P-23
  50. 「かさ高いRind 基を有するジホスフェンの酸化反応」、辻本祥太・橋爪大輔・松尾 司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月28日(ポスター発表)講演番号3PC–095
  51. 「Rind基を有する非対称PNPピンサー型ホスファアルケン配位子の合成とロジウムおよびイリジウム錯体への適用」、田口廣臣・佐々木大智・張永宏・竹内勝彦・辻本祥太・松尾司・小澤文幸、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月28日(口頭発表)講演番号3F3–32
  52. 「かさ高いRind 基を有するジアリールシリレン」、森本達人・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月27日(口頭発表)講演番号2F4–49
  53. 「かさ高いRind 基を有するスタンナノンの合成」、谷川智春・笛野博之・田中一義、松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月27日(口頭発表)講演番号2F4–48
  54. 「Synthesis and Isolation of a Dimeric Silylyne Tungsten Complex and Its Dissociation Equilibrium with a Monomer in Solution」、T. Yoshimoto, H. Hashimoto, N. Hayakawa, T. Matsuo, H. Tobita、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月27日(口頭発表)講演番号2F4–40
  55. 「かさ高いRind基を有する有機鉄二価錯体の還元反応」、合田舜・岡澤厚・小島憲道・橋爪大輔・小林義男・田中一義・笛野博之・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月27日(ポスター発表)講演番号2PA–028
  56. 「かさ高いカルボキシラート配位子の開発と錯形成能」、西井真実子・羽村将宏・合田舜・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月27日(ポスター発表)講演番号2PA–014
  57. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する5族遷移金属錯体の合成と構造」、金澤渉也・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月27日(ポスター発表)講演番号2PA–006
  58. 「ジヒドロジボラン(4)ピリジン付加体」、金田将平・庄子良晃・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月27日(口頭発表)講演番号2G1–03
  59. 「かさ高いRind 基によって安定化されたゲルマニウムを含むケトン関連化合物の合成」、藤田直子・森本達人・李良春・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月26日(口頭発表)講演番号1F4–39
  60. 「かさ高いRind 基によって安定化されたピレニル置換ジシレンの合成」、早川直輝・小林恵・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月26日(口頭発表)講演番号1F4–37
  61. 「ヘキサフェニルベンゼンヘキサアニオン種の構造研究」、前出智貴・谷川智春・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月26日(口頭発表)講演番号1F4–09
  62. 「かさ高い単座アリールチオラート配位子を有する鉄錯体の合成」、羽村将宏・合田舜・橋爪大輔・松尾司、日本化学会第95春季年会、日本大学、2015年3月26日(口頭発表)講演番号1F6–08

2014

  1. 「かさ高いRind基を有するジホスフェンの合成と構造」、辻本祥太・李 保林・橋爪大輔・李 永明・辻勇人・玉尾皓平・松尾 司、第41回有機典型元素化学討論会、宇部市文化会館、2014年11月28日(ポスター発表)講演番号P–30
  2. 「ゲルマニウムを含むケトン関連化合物の合成」、藤田直子・森本達人・李 良春・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第41回有機典型元素化学討論会、宇部市文化会館、2014年11月28日(ポスター発表)講演番号P–12
  3. 「かさ高いRind基を有するジボラン(4)の合成と反応」、金田将平・庄子良晃・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第41回有機典型元素化学討論会、宇部市文化会館、2014年11月27日(口頭発表)講演番号O–101
  4. 「かさ高いRind基を有するジブロモシランの還元反応」、森本達人・早川直輝・谷川智春・松尾 司、第18回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ那須、2014年10月17日(ポスター発表)講演番号P77
  5. 「シリル基を有するヘキサフェニルベンゼンの酸化還元挙動」、前出智貴・藤本悠希・谷川智春・橋爪大輔・松尾 司、第18回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ那須、2014年10月17日(ポスター発表)講演番号P65
  6. 「かさ高いRind基で安定化されたゲルマンチオンの合成と構造」、藤田直子・森本達人・李 良春・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第18回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ那須、2014年10月17日(ポスター発表)講演番号P61
  7. 「(Z)-1,2-ジ(1-ピレニル)ジシレン:合成と構造および分子内電荷移動発光」、早川直輝・小林 恵・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第18回ケイ素化学協会シンポジウム、ラフォーレ那須、2014年10月17日(ポスター発表)講演番号P59
  8. (「(Z)-1,2-ジ(1-ピレニル)ジシレンの合成と構造および光物性」、早川直輝・小林 恵・橋爪大輔・玉尾皓平・笛野博之・田中一義・松尾 司、第61回有機金属化学討論会、九州大学、2014年9月25日(ポスター発表)講演番号P3A–05
  9. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するチタン錯体の合成と構造」、金澤渉也・谷川智春・橋爪大輔・松尾 司、第61回有機金属化学討論会、九州大学、2014年9月24日(ポスター発表)講演番号P2A–05
  10. 「かさ高い単座アリールチオラート配位子を有する鉄錯体の合成」、羽村将宏・合田 舜・橋爪 大輔・松尾 司、錯体化学会第64回討論会、中央大学、2014年9月18日(ポスター発表)講演番号1PA–018
  11. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有するチタン錯体の合成と構造」、金澤渉也・谷川智春・橋爪大輔・松尾 司、錯体化学会第64回討論会、中央大学、2014年9月18日(口頭発表)講演番号1Ad–07
  12. 「直線型二配位構造を有する有機鉄二核錯体の合成と物性」、合田 舜・岡澤 厚・小島 憲道・橋爪 大輔・小林 義男・田中一義・笛野博之・松尾 司、錯体化学会第64回討論会、中央大学、2014年9月18日(口頭発表)講演番号1D–06
  13. 「Oxygen Atom Transfer Reactions of Germanone」、T. Matsuo, T. Morimoto, N. Fujita, T. Horita, T. Tanikawa, L. Li, D. Hashizume, K. Tamao, H. Fueno, K. Tanaka、The 17th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS XVII)、ベルリン工科大学、2014年8月6日(ポスター発表)PO–164
  14. 「Synthesis and Characterization of Tetragermacyclobutadiene」、K. Suzuki, T. Tanikawa, D. Hashizume, K. Tamao, H. Fueno, K. Tanaka, T. Matsuo、The 17th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS XVII)、ベルリン工科大学、2014年8月6日(ポスター発表)PO–212
  15. 「Synthesis and Characterization of Emissive Diaryldisilenes」、N. Hayakawa, M. Kobayashi, D. Hashizume, K. Tamao, H. Fueno, K. Tanaka, T. Matsuo、The 17th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS XVII)、ベルリン工科大学、2014年8月5日(ポスター発表)PO–86
  16. 「A Series of Hydrodiboron Compounds Stabilized by Bulky Rind Groups」、S. Kaneda, R. Maruhashi, Y. Shoji, K. Tamao, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka, T. Matsuo、XXVI International Conference on Organometallic Chemistry、Royton Sapporo、2014年7月15日(ポスター発表)2P005
  17. 「Synthesis and Magnetic Properties of Linear Two-Coordinate Organoiron(II) Complexes」、S. Goda, M. Ito, K. Tamao, D. Hashizume, Y. Kobayashi, A. Okazawa, N. Kojima, H. Fueno, K. Tanaka, T. Matsuo, XXVI International Conference on Organometallic Chemistry、Royton Sapporo、2014年7月14日(ポスター発表)1P040
  18. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子の開発と錯形成能」、金澤 渉也・大平 泰史・合田 舜・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月30日(口頭発表)講演番号4C1–06
  19. 「シリル基によって安定化されたヘキサフェニルベンゼンヘキサアニオン種の合成」、前出 智貴・藤本 悠希・谷川 智春・橋爪 大輔・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月28日(口頭発表)講演番号2C2–45
  20. 「かさ高いRind基を有するリン不飽和化合物の合成研究」、辻本 祥太・李 保林・橋爪 大輔・李 永明・辻 勇人・玉尾 皓平・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月28日(口頭発表)講演番号2B5–37
  21. 「かさ高い単座アリールチオラート配位子の開発と錯形成能」、羽村 将宏・合田 舜・森本 達人・伊藤 幹直・橋爪 大輔・玉尾 皓平・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月28日(ポスター発表)講演番号2PB–072
  22. 「かさ高いRind基を有するゲルマンチオンの合成と構造」、藤田 直子・森本 達人・李 良春・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月28日(ポスター発表)講演番号2PB–032
  23. 「かさ高いRind基を有するヒドロシランの合成と反応」、森本 達人・蜂屋 誠・橋爪 大輔・玉尾 皓平・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月28日(ポスター発表)講演番号2PB–031
  24. 「かさ高いRind基で保護されたスタンニレンの合成と反応」、谷川 智春・李 良春・橋爪 大輔・玉尾 皓平・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月28日(口頭発表)講演番号2C2–05
  25. 「Synthesis of a Hydrido(hydrosilylene)tungsten Complex Having an Eind Group on the Silicon and Its Reaction with Carbodiimides」、T. Yoshimoto, H. Hashimoto, N. Hayakawa, T. Matsuo, H. Tobita、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月28日(口頭発表)講演番号2C2–04
  26. 「かさ高いRind基を有するジボラン(6)の構造と反応性」、金田 将平・丸橋 亮大・庄子 良晃・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27日(口頭発表)講演番号1B5–31
  27. 「発光性ジアリールジシレンの合成」、早川 直輝・小林 恵・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27日(口頭発表)講演番号1C2–14
  28. 「かさ高いEind基を有するジブロモヒドロシランの還元縮合反応」、水谷 慎佑・早川 直輝・谷川 智春・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27日(口頭発表)講演番号1C2–10
  29. 「直線型二配位構造を有する有機鉄二価二核錯体の合成と物性」、合田 舜・岡澤 厚・小島 憲道・橋爪 大輔・小林 義男・笛野 博之・田中 一義・松尾 司、日本化学会第94春季年会、名古屋大学、2014年3月27日(口頭発表)講演番号1F2–03
  30. 「1,2-Dibromodigermene and Bromostannylene Stabilized by Bulky Rind Groups」、T. Tanikawa, T. Matsuo、Institute for Chemical Research International Symposium 2014、京都大学化学研究所、2014年3月10日(ポスター発表)
  31. 「Cyclobutadiene Germanium Analog」、T. Matsuo, T. Tanikawa, K. Suzuki, D. Hashizume, K. Tamao, H. Fueno, K. Tanaka、Institute for Chemical Research International Symposium 2014、京都大学化学研究所、2014年3月10日(ポスター発表)

2013

  1. 「かさ高いRind基を有する水素化ホウ素化合物の合成と構造および反応性」、金田 将平・丸橋 亮大・松尾 司・庄子 良晃・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義、第40回有機典型元素化学討論会、近畿大学、2013年12月6日(ポスター発表)P–44
  2. 「かさ高いRind基を有するゲルマニウム及びスズ不飽和化合物の合成研究」、谷川 智春・松尾 司、第40回有機典型元素化学討論会、近畿大学、2013年12月6日(ポスター発表)P–38
  3. 「ジ(1-ナフチル)ジシレンの合成と構造および光物性」、早川 直輝・中林 弘一・松尾 司・小林 恵・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義、第40回有機典型元素化学討論会、2013年12月6日(ポスター発表)P–06
  4. 「ゲルマノンの反応性の開拓」、松尾 司・藤田 直子・堀田 朋美・森本 達人・谷川 智春・李 良春・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義、第40回有機典型元素化学討論会、近畿大学、2013年12月5日(口頭発表)講演番号O–01
  5. 「かさ高い単座アリールオキシド配位子を有する4族遷移金属錯体の合成」、金澤 渉也・大平 泰史・松尾 司、錯体化学会第63回討論会、琉球大学、2013年11月2日(ポスター発表)講演番号1PA–036
  6. 「かさ高いアリール基を有する有機鉄二価錯体の合成と物性」、合田 舜・松尾 司・伊藤 幹直・橋爪 大輔・玉尾 皓平・岡澤 厚・小島 憲道・小林 義男、錯体化学会第63回討論会、琉球大学、2013年11月2日(口頭発表)講演番号1D–07
  7. 「ゲルマノンの酸素原子移動反応」、松尾 司・藤田 直子・堀田 朋美・森本 達人・谷川 智春・李 良春・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義、第17回ケイ素化学協会シンポジウム、箱根湯本温泉ホテルおかだ、2013年10月25日(ポスター発表)講演番号P069
  8. 「テトラゲルマシクロブタジエン」、鈴木 克規・谷川 智春・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義・松尾 司、第17回ケイ素化学協会シンポジウム、箱根湯本温泉ホテルおかだ、2013年10月25日(ポスター発表)講演番号P068
  9. 「室温で安定なヘキサフェニルベンゼンヘキサアニオン種」、前出 智貴・藤本 悠希・谷川 智春・橋爪 大輔・松尾 司、第17回ケイ素化学協会シンポジウム、箱根湯本温泉ホテルおかだ、2013年10月25日(ポスター発表)講演番号P067
  10. 「ジ(1-ナフチル)ジシレンの合成と構造および光物性」、早川 直輝・中林 弘一・小林 恵・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義・松尾 司、第17回ケイ素化学協会シンポジウム、箱根湯本温泉ホテルおかだ、2013年10月25日(ポスター発表)講演番号P066
  11. 「テトラゲルマシクロブタジエン」、鈴木 克規・谷川 智春・松尾 司・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義、第60回有機金属化学討論会、学習院大学、2013年9月14日(ポスター発表)講演番号P3B-32
  12. 「Rind基で保護されたヘキサシラベンゼンの合成研究」、早川 直輝・松尾 司・鈴木 克規・橋爪 大輔・玉尾 皓平、日本化学会第93春季年会、立命館大学、2013年3月23日(口頭発表)講演番号4B3–15
  13. 「非常にかさ高いRind基を有するジブロモシランの合成と反応」、森本 達人・松尾 司・李 良春・蜂屋 誠・橋爪 大輔・玉尾 皓平、日本化学会第93春季年会、立命館大学、2013年3月23日(口頭発表)講演番号4B3–12
  14. 「ゲルマノンの酸素原子移動反応」、松尾 司・堀田 朋美・李 良春・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義、日本化学会第93春季年会、立命館大学、2013年3月23日(口頭発表)講演番号3B6–48
  15. 「直線型二配位構造を有する有機鉄錯体の合成と物性」、合田 舜・松尾 司・伊藤 幹直・橋爪 大輔・玉尾 皓平・岡澤 厚・小島 憲道・小林 義男、日本化学会第93春季年会、立命館大学、2013年3月23日(ポスター発表)講演番号2PA–147

2012

  1. 「かさ高いRind基で保護されたパイ共役系ジシレン化合物」、松尾 司・李 良春・鈴木 克規・小林 恵・玉尾 皓平・橋爪 大輔・笛野 博之・田中 一義、第39回有機典型元素化学討論会、いわて県民情報交流センター、2012年12月7日(ポスター発表)P–18
  2. 「Germanone: The First Isolated Heavy Ketone with a Terminal Oxygen Atom」、T. Matsuo, L. Li, T. Fukawa, K. Tamao, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka、The 4th Asian Silicon Symposium (ASiS-4)、つくば国際会議場、2012年10月22日(口頭発表)PO–66
  3. 「A New Family of π-Conjugated Silicon Compounds Incorporating the Bulky Rind Groups」、T. Matsuo, K. Suzuki, M. Kobayashi, L. Li, K. Tamao, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka、The 4th Asian Silicon Symposium (ASiS-4)、つくば国際会議場、2012年10月22日(ポスター発表)PO–66
  4. 「ゲルマノン:末端酸素原子を有する初めての単離可能な重いケトン」、松尾 司・李 良春・橋爪 大輔・玉尾 皓平・笛野 博之・田中 一義、第59回有機金属化学討論会、大阪大学、2012年9月15日(口頭発表)O3–03
  5. 「Tetrasilacyclobutadiene」、T. Matsuo, K. Suzuki, K. Tamao, D. Hashizume, H. Fueno, K. Tanaka、The 10th International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-10)、京都大学、2012年5月21日(口頭発表)A–06

招待講演・依頼講演

  1. 「四員環の化学」、特別講演、第 47 回有機典型元素化学討論会、群馬大学(オンライン)、PL-03、2020 年 12 月 4 日
  2. 「かさ高い Rind 基を用いた 13 族元素化合物の化学」、第 25 回錯体化学若手の会・中部・東海地区勉強会、分子科学研究所、2019 年 11 月 30 日
  3. 「重いシクロブタジエンの化学」、トピックス講演、第 23 回ケイ素化学協会シンポジウム、フェニックス・シーガイア・リゾート、2019 年 11 月 2 日
  4. 「 Heavy Cyclobutadienes 」 、 招待講演 、 International Conference on theCoordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin and Lead (GTL2019), Saitama、2019 年 9 月 5 日、IL17
  5. 「Heavy Cyclobutadienes」、招待講演、The 7th Asian Silicon Synposium (ASiS7), Nangyan Technological University, Singapore、2019 年 7 月 31 日、IL21
  6. 「Heavy Cyclobutadienes and Heavy Ketones」、特別講演、Institut Charles Gerhardt Montpellier、2018年11月15日
  7. 「Heavy Cyclobutadienes and Heavy Ketones」、特別講演、Université Paul Sabatier、2018年11月14日
  8. 「低配位化合物の創出と応用」、第59回錯体化学若手の会・近畿地区勉強会、近畿大学、2018年11月10日
  9. 「π-Conjugated Disilenes Stabilized by Bulky Rind Groups」、第70回藤原セミナー、ザ・ルイガンズ、2016年4月18日
  10. 「Fused-Ring Bulky Rind Groups Producing New Possibilities in Organoelement Chemistry」、T. Matsuo, Institute for Chemical Research International Symposium 2016 (ICRIS’16)、ICR, Kyoto University、2016年3月7日
  11. 「sp2ケイ素のビルドアップ技術の開発」、ケイ素材料の新展開:環境共生スマート材料研究拠点講演会、広島大学、2016年2月29日
  12. 「高周期14族元素−酸素二重結合化学種の創製」、東京工業大学講演会、2015年7月28日
  13. 「炭素とケイ素の不思議(14族元素)」、元素検定2015、大阪市立科学館、2015年6月28日
  14. 「Fused-Ring Bulky Rind Groups Producing New Possibilities in Organoelement Chemistry」、T. Matsuo, The 10th Organoelement Chemistry Seminar、ICR, Kyoto University、2015年6月8日
  15. 「発光性ジシレン化合物の開発」、ケイ素材料講演会:有機ケイ素材料の新展開、広島大学、2015年2月27日
  16. 「ヘビー級ケトン:ゲルマノン」、筑波大学講演会、2014年12月8日
  17. 「ケイ素の新環状化合物:テトラシラシクロブタジエン」、鳥取大学講演会、2013年11月22日
  18. 「典型元素不飽和結合のπ電子化学 ―14族元素不飽和化合物の最新化学を中心に―」、松尾 司、第46回有機金属若手の会 夏の学校、蔵王ロイヤルホテル、2013年7月8日
  19. 「かさ高いRind基を用いたヘテロ原子化学」、松尾 司、近畿化学協会ヘテロ原子部会 平成24年度第3回懇話会、大阪科学技術センター、2013年2月28日
  20. 「典型元素不飽和結合の化学2012」、松尾 司、近畿化学協会有機金属部会 平成24年度第4回例会、大阪科学技術センター、2013年1月30日
  21. 「典型元素不飽和結合のパイ電子科学」、松尾 司、錯体化学若手の会 中部東海地区勉強会、名古屋大学、2012年12月1日
  22. 「A New Family of π-Conjugated Silicon Compounds Incorporating the Bulky Rind Groups」、T. Matsuo、2nd International Symposium on Element Innovation Pre ASiS-IV Symposium、群馬大学、2012年10月20日
  23. 「典型元素不飽和結合のパイ電子科学」、松尾 司、有機金属若手研究者の会、大阪大学、2012年9月12日
  24. 「π-Conjugated Silicon Compounds Stabilized by Bulky Fused-Ring Groups」、T. Matsuo、ACS 243rd National Meeting、San Diego、2012年3月27日

PAGE TOP